ヴォーカリスト+ギタリストのデュオ・VANIRU、シンセ・ポップ~EBMなどニューウェイヴ好きにお薦めのダークで耽美な初アルバム

2015.02.24

KENTLillies and Remains)が助力したシングル『Cosmic Night』でシーンに現れたヴォーカリスト+ギタリストから成るデュオの初アルバム。グラマラスなシンセ・ポップEBMと硬質なインダストリアル・ノイズ、官能的なメロディーが絡み合うサウンドは、ニューウェイヴ・ラヴァーにはたまらない代物。ファッション業界からも注目される端正なルックスといい、ダークで耽美な音楽性といい、ハーツの登場時を思い出した。

[English Translation]
This is the first album to be released from the duo consisting of a vocalist and guitarist who appeared into the music scene with the single “Cosmic Night” in which KENT, from the new wave and post-punk band Lillies and Remains, gave a helping hand. The sound from glamourous synth-pop to EBM gets tangled with hard industrial noise and sensual melodies, bound to drive new wave lovers crazy. Their handsome looks, which even the fashion industry too pays attention to, and their dark and aesthetic musicality remind me of when Hurts first came on to the scene.

関連アーティスト
TOWER DOORS