トピック

キューバ出身の注目奏者、アルフレッド・ロドリゲスが変則エレピ・トリオ&多彩なリズムで魅せる新曲映像公開

クインシー・ジョーンズの肝入りで発表した2014年作『The Invasion Parade』で注目を集めたキューバ出身の新鋭ピアニスト、アルフレッド・ロドリゲス。多彩なリズムを操り新世代ラテン・ジャズを牽引する存在として期待される彼が、新曲“Meteorite”のスタジオ・セッション映像を発表した。

この映像の演奏は、シンセとフェンダー・ローズを操るロドリゲス自身のほか、ドラムス&パーカッション奏者2人を起用した変則トリオ編成によるもの。急激なタイム・フィールの変化や幾層かに別れたリズム構造などさまざまな趣向が凝らされた、エレクトリックかつスタイリッシュなサウンドが実にカッコイイ! 現在来日ツアー中のメリアナ坪口昌恭東京ザヴィヌルバッハなども思い起こさせるこのトリオ、今後の展開に期待したい。

【参考動画】メリアナのパフォーマンス

 

【参考動画】東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルのパフォーマンス

 

TOWER DOORS