ジ・インターネット作品などへ参加するユナ、ほぼマレー語で歌唱した新作は風通しの良さや凛とした歌声など彼女らしい魅力に満ちた充実盤

2015.08.24

ジ・インターネット『Feel Good』への参加や、H&MのCMにシュギー・オーティスのカヴァーを提供するなど、活動の幅を広げているユナ。この2年ぶりの新作は自主レーベルからのリリースで、英詞の表題曲を除き、すべてマレー語で歌うという母国のファンへ向けた一枚になった。その表題曲で歌われているように、成功による栄誉やプレッシャーを経てルーツを見つめ直す……といった意味もあるのだろう。とはいえ、アコギの清涼感と人懐っこくて温かい歌メロが混ざり合う“Cautan”、美しいオーケストラを配したスロウ“Bicara”、今様のアンビエント風情も薫る“Sayang”ほか、これまでに培ってきたものがすべて反映されている。風通しの良さや凛とした歌声など、彼女ならではの魅力に満ちた充実盤だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS