トピック

20周年記念の野音公演も大成功! とはいえ止まることを知らないSCOOBIE DOの今後の動きを一挙発表

20周年記念の野音公演も大成功! とはいえ止まることを知らないSCOOBIE DOの今後の動きを一挙発表

昨日10月4日(日)に、結成20周年祭りのクライマックスと言える〈ダンスホール野音〉を東京・日比谷野外大音楽堂にて行ったSCOOBIE DO。演奏隊はお揃いのワインレッドのスーツで、フロントマンのコヤマシュウはお馴染みの白スーツながらいつもよりグンとファッショナブルな姿で登場し、〈笑いながら、泣きながら踊れる〉という彼らの真骨頂がたっぷり詰め込まれた、およそ3時間にも及ぶファンタスティックなロックンロール・ショウが展開された。

【参考動画】SCOOBIE DOのベスト盤『4×20 ~20 Years All Time Best~』収録曲“新しい夜明け”
同曲はもちろん野音で披露!

 

いわゆるひとつの区切りとなる公演ではあったが、ライヴ中にコヤマが何度も口にしていた〈ずっとSCOOBIE DOをやり続ける〉という決意と共に、まだまだ止まらないバンドの今後の予定が発表された。

まずひとつは、この〈ダンスホール野音〉に残念ながら足を運べなかった人に超朗報、同公演のDVD化が決定! 発売は2016年1月27日。また同日には、通算12枚目のフル・アルバムもリリースされるという。野音でもその来る新作に収録される新曲が1曲披露されており、非常に痛快なダンス・ナンバーとなっているので、乞うご期待! もちろんアルバムを引っ提げたツアーも来年2月からスタートするので、詳しい日程はバンドのウェブサイトをチェックしよう。

さらにまだある! 来年よりスクービーが企画するツーマン・イヴェント〈Young Bloods〉がスタート。まずは2デイズということで、2016年2月13日(土)、14日(日)に東京・下北沢Shelterにて、never young beachSuchmosという今年CDデビューを果たした気鋭の2組を各日で招いて開催される。両者とのタッグは非常に楽しみ!

さらにさらに、来月11月には初の海外公演、韓国でのライヴも決定している。済州島でのイヴェント出演、そしてソウルでは昨年の〈サマソニ〉にも出演している現地のソウル/ファンク・バンド、スルタン・オブ・ザ・ディスコとの対バン・ライヴが開催されるとか! 詳細は後日発表されるが、これは観たすぎるカップリングだ……。

【参考動画】スルタン・オブ・ザ・ディスコの2015年のシングル“SQ (We Don't Need No EQ IQ)” 
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop