シカゴからストライプスへの回答? ヨーコ&ザ・オーノーズ、USインディーのローファイな流れも汲んだ活きの良いガレージ・ロック鳴らす初作

2015.10.29

随分ふざけたグループ名だな……と思って聴いてみると、活きの良いガレージ・ロックが飛び出してきた。10代のガレージ・ロッカーというと最近ではストライプスの登場が衝撃的だったけど、このバンドはシカゴからストライプスへの回答とも言えるかな。でも、USインディーのローファイな流れも汲んでいて、フットワークの軽さを感じさせるのが特徴。ブラック・リップスらのさらに下の世代も、おもしろいことになってきた!

関連アーティスト
TOWER DOORS