ナイト・ジュエル、4年ぶり新作は実験性が後退して伸びやかなヴォーカルと煌めくシンセ・サウンド交わる上質なポップソング集

2016.07.12

去年はグライムスの『Art Angels』、今年はジェシー・ランザの『Oh No』と、インディー系の女性ソロ・アーティストが立て続けに素晴らしいアルバムをリリースしているなか、またひとつおもしろい作品が届けられた。それがこのナイト・ジュエルのニュー・アルバムである。前作から約4年ぶりとなる今作は、実験性が後退し、彼女の伸びやかなヴォーカルと煌めくシンセ・サウンドが交わる、上質なポップソング集だ。一度耳にすれば覚えてしまうほどキャッチーなメロディー、仄かに妖艶さを纏ったドリーミーなサウンドスケープなど、多くの魅力を装備。また、いなたさを醸しつつ、どこかロマンティックな雰囲気も漂わせるあたりは、ジョー・ジャクソン“Steppin' Out”や『Dare!』以降のヒューマン・リーグのような、80年代エレポップを連想させる。ゆえにこれを聴いて、懐かしい気持ちを抱くリスナーもいるだろう。電子仕掛けのエモーションは、いつの時代も私たちを魅了して止まない。


[English Translation]
Following the recent wave of great albums released by indie female solo artists including Grimes' "Art Angels" last year and Jessy Lanza's "Oh No" this year, another compelling album has come out. NITE JEWEL's new album, her first in about 4 years, is a collection of quality pop songs with less experimental elements, in which her unconstrained singing blends with sparkling synth sounds. It is filled with many charms such as catchy melodies that one can learn on first-time listens or faintly voluptuous, dreamy soundscapes. It also creates an unrefined but somehow romantic atmosphere that recalls electro-pop of the 80s of the likes of Joe Jackson's "Steppin' Out" or Human League after their release of the mega-album "Dare!" Some listeners may get a nostalgic feeling when listening to this album. In all ages, electronic emotions never fail to fascinate us.

関連アーティスト