2016.07.28

モリッシーのカヴァー・バンドが発表した初のアルバムだ。イロモノ!?と多少疑いつつ聴いてみれば、マジで本格的に作り込んだ音作りをしているし、モリッシーのヒット曲とマリアッチなアレンジとの相性も意外なほど良好。泣けてグッとくる仕上がりにビックリした。リーダーはデジタル・クンビアなどの南米エレクトロ・サウンドをクリエイトして人気を博すメキシカン・インスティテュート・オブ・サウンド名義での活動や、ラテン・ポップの大物プロデューサーとしても知られるカミーロ・ラーラ。モリッシーの書くロマンティックかつ耽美的で、ちょっと切なく物悲しいメロディーが、スウィートで開放的でありながら哀愁溢れる演奏によってまた違った魅力を纏っているところがポイントか。ゴキゲンなオールディーズっぽいテイストもあるので、良質なポップ作品として聴くのが◎。アリゾナが誇る孤高のポスト・ロック・バンド、キャレキシコのメンバーも参加。


[English Translation]
MEXRRISSEY, a Morrissey cover band, drop their first album. If you rather suspect they are one of those gimmicks, the album will reveal their seriously-crafted, real sound and the surprisingly great compatibility between Morrissey's hits and a mariachi style is, resulting in an astonishing, emotive tearjerker. Leading the band is Camilo Lara, a high-profile producer in Latin-pop who is known for his south-American electro such as digital cumbia under the popular Mexican Institute of Sound moniker. It is worth noting that Morrissey's romantic, beautiful, nostalgically-sentimental melodies are re-interpreted with the band's sweet, open, yet melancholic instrumentation, which exudes different charm to the originals. There are also exhilarating moments like oldies tunes, so considering the album to be a good pop listen would offer you a better understanding. It's also noteworthy that members of Calexico, one of Arizona's best post rock lone wolves, join the album.

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop