コラム

ウィーン・フィル室内楽名盤選

タワーレコード限定! バルトーク《コントラスツ》世界初CD化も!

【参考動画】VIENNA OCTET MEMBERSによるWOLFGANG AMADEUS MOZART作曲 “Divertimento in D Major K.334”

 

 1990年4月15日、オーチャード・ホールヘッツェル率いるウィーン室内合奏団公演を聴いて以来、筆者はウィーン・フィル・メンバーによる室内楽録音を新旧構わず集めてきた。90年代後半にはCD化も進み、ライブラリーが一挙に充実した半面、いくつか残念な点もあった。(1)初出LP時のカップリングが変えられ、制作意図が判らなくなった盤があること、(2)収録時間の都合で珍しい曲がカットされた盤があること、(3)現在入手困難な盤が増えていること、などである。

 今回「ウィーン・フィル室内楽名盤選」を企画するにあたり、この3点を考慮して曲目選定した。まずウィーン八重奏団によるモーツァルトディヴェルティメント集。名盤として知られながら入手難だった第17番K.334をメインとし、野外演奏を目的に作曲された第7番K.205では初出LP通り行進曲K.290を前後に配し、楽隊の入退場の演出を復活した。

 次にウィーン・ムジークフェライン四重奏団の二組。モーツァルト集ではまだ20代だったリーダー、キュッヒルの清新な演奏をより長く楽しんで頂くため三重奏、二重奏も収録。ロマン派作品集では世界初CD化となるコダーイスークの四重奏を加えた。

 ウェラー四重奏団の『モーツァルトのカルテット・パーティ』は、1784年、ハイドンディッタースドルフ、モーツァルト、ヴァンハルという4人の作曲家がカルテットを組んだ記録をレコード上に再現したもの。今までバラバラにCD化されていたものを1枚に収め、オリジナル・ジャケットも復活した。

 そしてウィーン室内合奏団のDG録音集成。ヒンデミットクラリネット五重奏曲、ハイドンのフルート四重奏曲集、そしてウエストミンスター・レーベルにある名手プリンツによるバルトークの《コントラスツ》を世界初CD化で加えた。

 総じて演奏水準は高く、録音状態も良く、ウィーン・フィル・ファンのみならず、多くの愛好家の方に聴いて頂きたいと思う。

TOWER DOORS