コラム

亡き森岡賢を目に焼き付けたい…minus(-)、2人体制での最初で最後のフル作『o』と生前ラストのステージ収めた映像作品「V」

美しい人との突然の別れ……2人体制による最初で最後のフル・アルバムと映像作品

minus(-) o avex trax(2016)

 藤井麻輝と急逝した森岡賢のユニットが、2人編成による最初で最後のフル・アルバムとライヴ映像作品を同時にリリース。前者の『o』は、過去2枚のミニ・アルバムでゲスト・シンガーを迎えたナンバーを藤井&森岡のヴォーカルで再録し、さらに森岡のPCに残された音源を藤井が再構築して編んだ3つの新曲も収められている。ロマンティックで開放的な“BEAUTY”、超高速のどミニマル・チューン“LIVE”、minus(-)流のアシッド・ハウス“No Pretending”と、初出の楽曲が過去のボディー・ミュージックな意匠とは確実に異なる新たなモードを提示し、どこまでも前向きな表情を見せていることに一抹の寂しさも感じつつ……ともあれ官能的で勢いたっぷりの音の奔流に身を任せたい逸品だ。

minus(-) V avex trax(2016)

 そして後者の「v」は、森岡の生前最後のステージとなったLIQUIDROOM公演と、彼の死後にトリプル・ドラムを従えて行われた赤坂BLITZ公演を2枚組に収録。森岡の無二のダンス、あのエレガントな身のこなしがただただ美しく、目に焼き付けたい。

関連アーティスト