SHE'S 『Now & Then』 大胆な打ち込み曲からパワー・ポップ、ロカビリー風まで

2019.02.26

“歓びの陽”における本格的なエレクトロニクスの導入を経て、鳴らしたい音楽がいよいよ具現化してきた3作目。彼らの王道であるノスタルジックなミッドテンポ感はそのままに、大胆な打ち込み曲からパワー・ポップ、ロカビリー風まで、サウンドの和洋折衷を含めて表題通りの二面性を強烈にアピール。ブラスとストリングスをバランスよく混ぜて景色をパアッと変える“Dance With Me”なんて特にバンドの成長が伝わる。

関連アーティスト