2019.05.16

初のセルフ・プロデュースによる9年ぶりのソロ作。柔らかい歌声とオーガニックな演奏との心地良い取り合わせを提示する一方で、今回は多くの楽曲でソウルの意匠を採り込んでおり、その豊かなグルーヴとモダンな音像が鮮烈に響く。彼女らしいアンビエント解釈が光る“ドラマティック・ノンフィクション”とKan Sanoがアーバン・ブギーに仕立てた“きみだけのマジックアワー”のリミックスに持っていかれます。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop