コラム

ティコ(Tycho)はなぜ歌に向かった?

新作『Weather』を機に振り返る、エレクトロニカ俊才の軌跡

叙情的なメロディー・ラインが特徴のエレクトロニカ・サウンドを操るトラックメイカー、ティコ。ここ日本でも人気の厚い彼が、新作『Weather』をリリースした。

ニンジャ・チューンに移籍して初となる本作は、多くの楽曲でセイント・シナーことハンナ・コットレルらヴォーカリストをフィーチャー。生演奏もより大胆に導入されており、ティコのディスコグラフィー史上もっともオーガニックでポップな作品と言えるだろう。

では、なぜ彼は歌に向かったのか? ライターの金子厚武が、ティコの軌跡を振り返りながら『Weather』を考察した。 *Mikiki編集部

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop