COLUMN

カインドネス(Kindness)が奏でる荒んだ時代の優しきダンス・ミュージック

ソランジュからも信頼される音楽家の新作『Something Like A War』

Photo by Michele Yong

シンガー、ソングライター、DJ、プロデューサー。マルチな音楽家、アダム・ベインブリッジによるソロ・プロジェクトがカインドネスだ。2012年のアルバム『World, You Need A Change Of Mind』で鮮烈なデビューを果たして以来、ダンス・ミュージックとR&Bをブレンドした折衷的な音楽性で、2010年代のサウンドを牽引してきた。

ソランジュやブラッド・オレンジら、現代の最重要ミュージシャンたちによる傑作に裏方として携わってきた彼が、ついに5年ぶりの新作『Something Like A War』を発表。本作には、ジャズミン・サリヴァン、ケレラ、そしてロビンといった多彩なシンガーが参加している。11月19日(火)の来日公演も控える(前日にはタワーレコード渋谷店でサイン会も開催!)カインドネスの新作を、ライターの木津毅が音楽面から読み解いた。*Mikiki編集部

KINDNESS Something Like A War Female Energy/BEAT(2019)

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop