2014.07.18

親しみやすいサウンドでオージーエレクトロを牽引してきたアシュトン・シャッフル。ソング・オリエンテッドな現行シーンとシンクロした今回、多彩なゲスト・シンガーを招き、多幸感がシャワーのように降り注ぐEDMベース・ポップを完成させた。ハイライトはメイヤー・ホーソーンとのシャレオツで甘~い“Never Take It Away”——欧米進出の契機にもなりそうな、今年を代表する名曲の誕生だ。

関連アーティスト