PR
コラム

佐藤直紀『新時代へ ~昭和、平成、そして令和へ』待望の初CD化! 今だからこそ届けたい希望・祈り・願いを込めた作品

明日へ聴き継がれていく作品。待望の初CD化! 今だからこそ、多くの人々に届けたい音楽

佐藤直紀 『新時代へ ~昭和、平成、そして令和へ』 VAP(2020)

 時代は平成から令和へ。日本中が希望を胸にその瞬間を迎えた時、“新時代へ”は誕生した。それは新たな時代の幕開けを慶び、人々を奮い立たせる〈今〉だからこそ多くの人々に届けたい名曲であった。

 “新時代へ”誕生の経緯は、日本テレビと読売日本交響楽団がコラボレーションして〈時代の節目を飾る〉音楽を作れないだろうかという一つの企画からだったという。作曲は「ALWAYS  三丁目の夕日」で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞し、多数の映画やドラマ音楽を手掛けている佐藤直紀。作曲に当たってのイメージは日本テレビ報道局社会部デスクの森浩一によって本アルバムのライナーノーツで語られているが、映像や台本がない分、この曲の制作には違った苦悩があったようだ。

 完成した“新時代へ”は、〈令和〉を迎えた1年間、日本テレビ系の報道・情報番組で幾度となく流され、新たな元号の幕開けを祝祭的に彩った。壮大で高揚感溢れる旋律は、昭和、平成を生き、そして令和を生きていく我々に、いついかなる困難があろうとも希望を胸に生きいく決意を持たせてくれる楽曲だ。

TOWER DOORS
pagetop