トピック

タワーレコードが2020年上半期のセールス・チャートを発表 King Gnu、SixTONES vs Snow Man、ビリー・アイリッシュが1位に

タワーレコードが2020年上半期のセールス・チャートを発表 King Gnu、SixTONES vs Snow Man、ビリー・アイリッシュが1位に

タワーレコードが2020年上半期のセールス・チャートを発表した。

今回発表されたチャートは、〈邦楽アルバム〉〈邦楽シングル〉〈邦楽映像〉〈洋楽アルバム〉〈K-POP国内アルバム〉〈K-POP輸入アルバム〉〈K-POPシングル〉〈JAZZ〉〈映像(邦画/国内ドラマ)〉〈映像(洋画)〉〈アニメ〉〈クラシック〉という12のカテゴリー。

邦楽アルバムはKing Gnuのサード・アルバム『CEREMONY』が堂々の1位を獲得。

同作は、TVドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌で、紅白で披露されたことも話題になった“白日”のほか、“Teenager Forever”“どろん”など、King Gnuの顔とも言えるキラー・チューンの数々を収録している。2019~2020年にかけてさまざまなタイアップや〈第70回NHK紅白歌合戦〉への初出場などで大躍進を遂げ、名実ともにトップ・アーティストとなった彼らの存在感を裏付ける結果となった。

邦楽シングルは、2020年1月にジャニーズ事務所から2組同時にデビューしたSixTONESとSnow Manのデビュー・シングル『Imitation Rain / D.D.』が1位に。

SixTONESのデビュー曲“Imitation Rain”は、これまでのジャニーズ・グループのデビュー曲の華やかさとは異なる、優しさや儚さ、美しさを感じさせる唯一無二の魅力を纏った楽曲。いっぽうSnow Manの“D.D.”は、パワフルなパフォーマンスを届けてきた彼ららしさを色濃く反映したクールなダンス・チューンだ。

そして洋楽アルバムは、最年少でグラミー主要4部門受賞を果たしたことも記憶に新しいビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)のデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が1位。

TVドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の主題歌に“bad guy”が起用され、ユニクロとコラボするなど、日本でも社会現象的にブレイクしたビリー・アイリッシュ。実兄のフィニアス(FINNEAS)と2人で作り上げた同作は、ダウナーなビリーの歌に毒のある歌詞、浮遊するオカルト的なサウンドなど、強烈なオリジナリティーを放ちながらも、非常に聴きやすく優れたポップ・アルバムであるという事実に、改めて驚嘆させられる一枚である。

フレッシュな顔ぶれがそれぞれのジャンルにおいて首位を飾った主要3カテゴリー。そのトップ10は、以下のとおり。

■邦楽アルバム
1. King Gnu『CEREMONY』
2. ジャニーズ WEST『W trouble』
3. すとぷり『すとろべりーねくすとっ!』
4. Sexy Zone『POP × STEP!?』
5. NEWS『STORY』
6. 木村拓哉『Go with the Flow』
7. Kis-My-Ft2『To-y2』
8. ENDRECHERI『LOVE FADERS』
9. Official髭男dism『Traveler』
10. GLAY『REVIEW II ~BEST OF GLAY~』

■邦楽シングル
アーティスト タイトル 
1. SixTONES vs Snow Man『Imitation Rain / D.D.』
2. JO1『PROTOSTAR』
3. King & Prince『Mazy Night』
4. ジャニーズ WEST『証拠』
5. 乃木坂46『しあわせの保護色』
6. Hey! Say! JUMP『I am / Muah Muah』
7. KinKi Kids『KANZAI BOYA』
8. 日向坂46『ソンナコトナイヨ』
9. A.B.C-Z『チートタイム』
10. 関ジャニ∞『友よ』

■洋楽アルバム
1. Billie Eilish『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
2. Green Day『Father Of All...』
3. Ozzy Osbourne『Ordinary Man』
4. Lady Gaga『Chromatica』
5. The Chainsmokers『World War Joy』
6. Justin Bieber『Changes』
7. The 1975『Notes On A Conditional Form』
8. The Strokes『The New Abnormal』
9. Queen『GREATEST HITS IN JAPAN』
10. The Weeknd『After Hours』

※集計期間:2020年1月1日~6月30日
※邦楽アルバム、邦楽シングル、洋楽アルバムは、メジャーとインディーズを併せた全作品の集計となります

上記3カテゴリー以外のチャートについては、タワーレコード オンラインの特設ページで確認してほしい。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop