トピック

君島大空がセカンドEP『縫層』を11月にリリース King Gnu新井、石若駿、西田修大による〈合奏形態〉の“笑止”も収録

君島大空がセカンドEP『縫層』を11月にリリース King Gnu新井、石若駿、西田修大による〈合奏形態〉の“笑止”も収録

君島大空がニューEP『縫層』を2020年11月11日(水)にリリースする。

〈FUJI ROCK FESTIVAL ’19 ROOKIE A GO-GO〉への出演、「no art, no life」(NHK Eテレ)のテーマ・ソング“星の降るひと”や「Love music」(フジテレビ)の2020年8月度テーマ・ソング“火傷に雨”などで注目を浴びている気鋭の音楽家、君島大空。昨日9月27日に放送された「Love music」への出演も話題になった君島が、2019年3月にリリースしたファーストEP『午後の反射光』に続く待望のセカンドEP『縫層』(読み:ほうそう)をリリースする。

『縫層』の収録曲は、配信でリリースした後もロングセラーになっているという“火傷に雨”や“散瞳”などライブでおなじみの曲から、書き下ろしの新曲“傘の中の手”“縫層”まで、ヴァラエティー豊かな7曲。リード・トラック“笑止”はプログレッシヴなギター・リフが印象的なアッパー・チューンで、〈君島大空合奏形態〉のメンバーである西田修大(ギター)、新井和輝(ベース)、石若駿(ドラムス)が参加。〈合奏形態〉のメンバーがそろって参加し制作された初の楽曲となっており、新しい制作方法に手応えを感じたという意欲作であるとか。

タイトルの〈縫層〉とは、君島による造語。〈内省のいつも雨が降っている場所、ひらかれた空の手前にある雲のようなもの、声や顔の塊、同音意義の包装や癒着という言葉が投影されるような、人がひとりの中で編み、勝手に育っていってしまう不安や喜びの渦を指す〉という意味で、本作は〈縫層〉への身体や感覚の反動、というコンセプトで貫かれた作品集であるという。

なお、『縫層』には初回封入特典として未収録音源をダウンロードできるQRコードが付属。また、タワーレコードで購入するとライブ音源を収録した特典ディスクが付く。タワーレコード オンラインや店舗での予約をおすすめしたい。

いま注目の音楽家、君島大空の新作『縫層』。2020年下半期の重要作となること、まちがいなしだ。

 


RELEASE INFORMATION

君島大空 『縫層』 APOLLO SOUNDS(2020)

価格:2,000円(税別)
リリース日:2020年11月11日(水)
品番:APLS2010

TRACKLIST
1. 旅 
2. 傘の中の手  
3. 笑止
4. 散瞳
5. 火傷に雨
6. 縫層
7. 花曇

初回封入特典:未収録音源ダウンロード用QRコード
タワーレコード購入特典:ライブ音源収録特典ディスク

 


PROFILE: 君島大空(きみしまおおぞら)
1995年生まれ、日本の音楽家。
2014年から活動を始める。同年からSoundCloudに自身で作詞/作曲/編曲/演奏/歌唱をし、多重録音で制作した音源の公開を始める。
2019年3月13日、ファーストEP『午後の反射光』を発表。4月には初の合奏形態でのライブを敢行。
2019年7月5日、ファースト・シングル『散瞳/花曇』を発表。
2019年7月27日、〈FUJI ROCK FESTIVAL ’19 ROOKIE A GO-GO〉に合奏形態で出演。同年11月には合奏形態で初のツアーを敢行。
2020年1月、NHK Eテレのドキュメンタリー「no art, no life」の主題曲に起用される。
ギタリストとして高井息吹、坂口喜咲、婦人倶楽部、吉澤嘉代子、adieu(上白石萌歌)などのアーティストのライブや録音に参加する一方、劇伴、楽曲提供などさまざまな分野で活動中。

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS