「ただいま」と帰ってきたはずが、いつの間にかとても遠くに来ていた。でも、たしかに知っている場所に帰りついている

2020年12月21日、君島大空合奏形態(君島大空、新井和輝、石若駿、西田修大)が、東京・新木場STUDIO COASTにてワンマンライブを開催した。〈光を剥がして纏うこと vol.2〉と題された、この日の公演。何故〈vol.2〉なのかと言えば、このライブは、今年1月に高円寺のライブスペースU-haにて2部制(各定員20名)にて行われた独演会〈光を剥がして纏うこと〉の続編という位置付けが、君島本人の中ではなされていたからのようだ。

年始に定員20名で開催されたミニマムな独奏形態のライブと、年末に開催された、現時点で君島大空史上最大規模(しかも、ソールドアウトとなった)のSTUDIO COASTでの合奏形態のライブ。一見まったく違うもののように見えるそれらに同じ名前が付けられたのは、君島が見出す〈つながり〉がこの2本のライブの間にあったからだろう。

もちろんそのつながりの奥を覗き込めば、細部にはこの2021年という時代を、あるいはもっと前からの彼の人生を歩くなかで君島が経験し、感じ、生み出した、様々な接触と微細な変化、その連鎖があるのだろう。受け手からしてみれば思いもよらない音や言葉のつながりが、その連鎖が、激しく混濁しながらも美しい音楽を生んでいる――君島大空の音楽とはそういうものだし、彼の音楽家としての本質のひとつは、そうやって様々な場所に別々に点在している事象(日々の中に転がっている音や、宙を漂う言葉や、出会う人や、あるいは失われたものも含めて)の間につながりを見出し、そこに〈物語〉を創造できるというところにある。その、いわば〈ストーリーテリング〉の巧みさがあるからこそ、彼の音楽は虚実の境をまたぐ魅惑的な響きを持ち得ているのではないか。

そして、君島大空が紡ぐ物語において、この2021年という年の記憶はこの先、灯台のような役目を果たすのではないか、と私は勝手に思っている。3月にリリースされたEP『袖の汀』について、彼はインタビューで〈戻ってきた感覚がある〉と語っていたが、初の全国流通盤となった2019年の『午後の反射光』よりも以前に作っていた自主制作盤に質感が近いという、ガットギターの弾き語りを主軸としたその作品世界は、彼にとって循環しながら進んでいく命の運動のひとつの帰結点であり、新たな出発点ともいえるものだっただろう。今年、君島は『袖の汀』をリリースし、独奏でのワンマンライブやツアー、さらに合奏形態での〈FUJI ROCK FESTIVAL '21〉などのフェス出演を経て、12月21日、STUDIO COASTでのワンマンへとたどり着いた。ちなみに、開催日の12月21日は、去年、恵比寿LIQUIDROOMで合奏形態での配信ライブ〈層に電送〉が開催されてからちょうど1年の日となる。

「ただいま」と帰ってきたはずが、いつの間にかとても遠くに来ていた。でも、たしかに知っている場所に帰りついている――この2021年の暮れ、君島大空はそんな気分でいるんじゃないかと、これもまた勝手に推測している。

溢れながら外へ外へと放たれていくような研ぎ澄まされたエネルギーの動きを感じさせる演奏

そして、肝心のライブの内容はというと……すさまじかった。そんな書き手失格のような言葉しか出てこないくらいに、すさまじかった。途中のMCで西田修大が「来年はもっと合奏形態、やりたいな」と君島に語りかけたくらい、2021年は決して合奏形態としての場数が多い訳ではなかったと思うが、それにしても、このダイナミズムはなんだろうか。1年前の〈層に電送〉では獰猛な動物たちがじゃれ合うような無邪気さを感じさせたが、今年はそうした無邪気さというよりは、溢れながら外へ外へと放たれていくような研ぎ澄まされたエネルギーの動きを感じさせる演奏。もちろん、無観客と有観客の大きな違いはあるだろうが、圧倒的にバンドとしての肉体が、〈君島大空合奏形態〉という物語の輪郭が、しなやかに厚くなっている……そんな印象を受けた。バンドを引っ張っているのは、もちろん君島大空その人である。

この日のライブを観て思ったことは、今の君島に〈禁じ手〉のようなものはほとんどないのだろう、ということだった。序盤で演奏された新曲のハードロックライクなギターサウンドや、随所で聴こえてきた真っ直ぐな歌唱など、かつての君島がどこかでコンプレックスを感じたり、拒絶したりしながら、『午後の反射光』をリリースした頃には自分自身に対して制限すらかけていたと思われるような表現方法が、この日のライブを観ているととても素直に開陳されていたように思えた。もちろん、今ここですべてが解禁されたのではなく、『縫層』、『袖の汀』と、作品を経る毎に徐々に〈君島大空〉は〈君島大空〉へと変化し、回帰していったのだと思う。ライブ中盤に弾き語りでの演奏(赤い公園“KOIKI”のカバーと“向こう髪”)が配置されていたことも、君島にとって独奏と合奏が徐々にシームレスになってきていることの表れなのではないかと思わせられた。また個人的にはハイライトだった“午後の反射光”における、威風堂々とした、曲に閉じ込められていた光を世界に解き放つような伸びやかさには新鮮な驚きがあった。

自分自身の体の動きや、音楽家としてのルーツなど、なにをも否定することなく、今、君島大空は音楽の中に佇むことができているのではないか。先にも少し書いたように、2021年は音源やライブにおいて独奏で行動することが多かった君島。旅の中で自分自身に向き合う時間も多かっただろうが、そうした時間が、今の彼の、音楽家としての凛とした存在感に繋がっているのだろう。

この物語の行きつく先など、私にはなにひとつとして予測なんてできない。しかし、この音楽家はどんな未来にいて、どんな場所にいても、彼自身の音楽を鳴らしているのだろうと確信させられる――そんな素晴らしく、力強いライブだった。



SETLIST
1. Interlude
2. 銃口
3. No heavenly(新曲)
4. 火傷に雨
5. 散瞳
6. 縫層
7. 傘の中の手
8. 向こう髪
9. 白い花
10. 星の降るひと
11. きさらぎ
12. 午後の反射光
13. 遠視のコントラルト
14. 光暈

ENCORE
15. 新曲
16. 笑止
17. 19℃