ビビオ(Bibio)『Hand Cranked (Deluxe Edition)』ノスタルジックで温かな原点的名盤がワープより復刻

2021.04.09

マッシュ時代のアンダーグラウンドな名盤がデラックス・エディションで甦った!

 昨年のEP『Sleep On The Wing』に至るまで作品が軒並み評価され、いまやワープを代表するアーティストの一人となったビビオ。そんな彼がマッシュから発表したセカンド・アルバム『Hand Cranked』(06年)が、このたび初CD化の5曲を加えた〈デラックス・エディション〉としてワープからリイシューされた。マッシュといえばファット・ジョンやデイデラス、アンチコン周辺などアブストラクト〜ダウンテンポ系の作品を多く出していたUS地下レーベル。ビビオの初作『Fi』(2005年:こちらもワープから復刻済み)も、その流れでやや難解なフォークトロニカ作品と捉えられていたような気がする。

 本人の解説によると、『Hand Cranked』が録音されたのは03〜05年の間。サンプラーやレコーダー、ギター、iMacなど最低限の機材を用い、当時の彼女の実家のベッドルームで録音していたそうだ。いま聴けば、人間味のあるサンプリング構築は粗削りながらもオーガニックなもので、素朴な音世界の滲ませる不思議な懐かしさは現在の姿にも繋がって感じられるものだろう。同じ2006年にビビオはクラーク“Ted”のリミックスでワープと邂逅するわけだが、この機会にその原点を味わってみるのもいいだろう。

関連アーティスト
TOWER DOORS