トピック

菊地雅章が表紙、高橋悠治、鈴木慶一、角野隼斗/Cateenなどを特集したタワレコのフリーマガジン〈intoxicate〉150号配布

菊地雅章が表紙、高橋悠治、鈴木慶一、角野隼斗/Cateenなどを特集したタワレコのフリーマガジン〈intoxicate〉150号配布

タワーレコードが偶数月に発行しているフリーマガジン〈intoxicate〉。今回は、2月20日(土)より配布がスタートする150号についてお知らせします。

今号の表紙は、晩年のソロ・アルバム『ラスト・ソロ~花道』が3月中旬にリリースされる、ジャズ・ピアニストの菊地雅章。記事はEXOTIC GRAMMARでお楽しみください!

EXOTIC GRAMMARの2人目は、浜離宮朝日ホールでのコンサート・シリーズの最新盤『高橋悠治 ピアノ・リサイタル とりどりの幻想 白昼夢 夜の想い 記憶と再会』を2月25日(木)にリリースする、高橋悠治。「コンサートは、知らない音楽の感触と変化に手で触れる機会でもあり、そのなかで自作を試す場でもある」という彼に、久しぶりに対面でお話を伺いました。

今号ではさらに、YouTuber〈Cateen(かてぃん)〉としても活躍中の、ピアニスト・角野隼斗のインタビュー、教育学者レオ・バスカーリアのベストセラー絵本「葉っぱのフレディ」の朗読CDをリリースする宇崎竜童とピアノの徳川真弓による対談、名作ゲーム「MOTHER」のサウンド・トラックを『MOTHER MUSIC REVISITED』として再録した鈴木慶一とゴンドウトモヒコによる対談などもあります。

『MOTHER MUSIC REVISITED』ティーザー映像
 

このほか、波多野睦美、黒田祐貴、宮田大&大萩康司、朴葵姫、堀雅貴、冨田一樹、三浦章宏、城南海、ジョン・グラム、小曽根真、ジョー・ロヴァーノ、シャイ・マエストロ、網守将平、小林香織、小林よしひさ、ビビオなど、多くのインタビュー、コラム、レビュー記事を掲載しています。

そしてintoxicate presents特別試写会の対象映画は、「ロード・オブ・カオス」と「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」(ともに2021年3月26日公開)です。どちらもintoxicateのプレゼント応募ページよりまだまだご応募できますので、ぜひチェックしてみてください。

★映画『ロード・オブ・カオス』特別試写会応募ページはこちら

★映画『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』先行上映会応募ページはこちら

映画「ロード・オブ・カオス」「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」予告編
 

また、濱田マリ、尻流複写二(シリル・コピーニ)、山本敦、坪口昌恭、俵孝太郎による連載や、サヘル・ローズ、広瀬奈々子、八木アリサ、野村太一郎が〈スキ過ぎるもの/コト〉を4コマで語る〈人コマゴマ〉などもありますので、こちらもお楽しみに!

intoxicateはTOWERminiを含むタワーレコード全店にて無料で配布中。このほかTOWER RECORDS ONLINEでは数量限定での販売も行っています。なかなかお店まで足を運べないという方はこちらもご活用ください。intoxicateの記事はMikikiでも順次公開していきますので、引き続きチェックを!
※intoxicate 150号のコンテンツはこちら

TOWER DOORS