PR
イベント&ライブ・レポート

えのぐ『BRAVER』集大成のライブと待望のニューシングルから考える、VRアイドル先駆者の現在と未来

その情熱や魂は確実にそこに存在する――〈仮想を現実に変えるアイドル〉として道を拓いてきた勇ましい4人の現在と未来をライヴ・レポートでお届けしよう!

バーチャルを超えるパフォーマンス

 2021年8月29日、ヒューリックホール東京で行われたライヴは、決して真夏の夜の夢などではなかった。劇場型のシックなステージ上で歌い踊っていたのは、4人のバーチャル・タレントたち。そのパフォーマンスは、細かな振付けの動きや表情の変化、MC中の所作や息遣いに至るまで確かなリアリティがあり、そこに彼女たちが実在している感覚があった。鈴木あんず、白藤環、日向奈央、夏目ハルによるVRアイドル・グループ、えのぐの単独公演〈enogu one-man Live 2021 Summer -不撓不屈-〉には、いまの時代を明るく照射する、ライヴ・エンターテインメントの新たな可能性が凝縮されていたように思う。

 VRタレント専門の芸能事務所、岩本町芸能社に所属するえのぐが結成されたのは、キズナアイや輝夜月らの活躍により、バーチャルYouTuber(=VTuber)と呼ばれる存在が世間を賑わせるようになってきた2018年のことだ。もともと鈴木あんずと白藤環の2人で〈あんたま〉として活動していたところに、CDデビューに際して同事務所の女優部よりメンバーが追加され、日向奈央、夏目ハル、栗原桜子を加えた5人組として本格始動(栗原は体調の都合により昨年2月にアイドル活動を引退)。当時はまだVRアイドルグループという活動形態が珍しく、彼女たちはその先駆的な存在として認知を広めてきた。

 とはいえ物珍しさばかりが、えのぐの推進力になったわけではない。彼女たちはバーチャル・タレントでありながら、いわゆるVTuberがよく行う生配信などの動画コンテンツではなく、あくまで音楽ライヴを活動の主軸に置き、バーチャル/現実を問わず数々の現場で磨いてきたパフォーマンス力、そして会場をあの手この手で沸かせる多彩な楽曲の力によって、叩き上げで現在の人気を勝ち取ってきたのだ。

 2018年11月にシングル“ハートのペンキ”でデビューして以降、定期的にライヴを行う傍ら、2019年8月には最大手のアイドル・フェス〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉に初出演を果たし、今夏には東京・渋谷WWW Xを舞台にした怒涛の10日公演〈遮二無二〉を成功させるなど、濃密に動いてきた彼女たち。その間には2枚組のアルバム『真っ白な夢の世界』を発表するなど、音楽的にも着実に幅を広げてきたわけだが、昼夜2公演が行われた今回の〈不撓不屈〉では、元カラスは真っ白のタイヘイ(ドラムス)や現在はCRCK/LCKSなどでも活躍する越智俊介(ベース)らをバックバンドに迎え、30曲近くに及ぶグループの持ち曲をほぼすべて披露。まさに現時点の集大成的なライヴとなった。