「大豆田とわ子と三人の元夫」ゴージャスかつ完璧なロマコメから人生の〈重さ〉が顔を覗かせる坂元裕二最新作

2021.11.05

「花束みたいな恋をした」「カルテット」の脚本家坂元裕二の最新作は、松たか子演じるバツ3の女社長が三人の元夫に振り回されながら幸せを求めて奮闘するロマンティック・コメディ。伊藤沙莉の早口なナレーション、坂元脚本ならではの会話の妙、元夫たちのダメ可愛さ、松たか子が画面に向かって「また来週!」からのSTUTS主題歌のエンディングのカッコ良さまで、ゴージャスかつ完璧と言うしかないが、本作の凄みは、ロマコメ的な〈軽さ〉と表裏一体の〈重さ〉が常に顔を出そうとしている点だろう(そして唐突に顔を出してしまう瞬間の衝撃!)。そして人生はつづく。大袈裟でなく生きていくことについてのドラマである。

関連アーティスト