映画「花束みたいな恋をした」菅田将暉 × 有村架純主演で坂元裕二が描き出す、魂が抉られるような恋愛

2021.09.17

恋人が菅田将暉/有村架純である。私なら別れない!とおおよその観客は思うはずだ。終電を逃したことで運命的な出会いをし、更に奇跡的に趣味の合う相手というならなおさらである。しかし、映画が冒頭で示すように、この恋人たちは別れを迎える。観客は、男女の出会いから同棲生活、破局までの5年間を見ることとなる。ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の坂元裕二のオリジナル脚本は、恋人たちの心が徐々にすれ違っていくよう様子を、心理の説明は排し、セリフやシチュエーションの些細な〈亀裂〉として見せていく。観客はいつしか実人生と映画が反響/同化し魂が抉られる体験となるだろう。覚悟して見られたい。