坂元裕二 「往復書簡 初恋と不倫」 絶妙な言葉選びで恋愛を巧みに描く、「カルテット」の脚本家による書簡体小説

坂元裕二 『往復書簡 初恋と不倫』 リトルモア (2017)
2017.10.12

フジテレビ系“月9”の金字塔『東京ラブストーリー』の脚本で社会現象を巻き起こし、『カルテット』など近作も話題に事欠かない坂元裕二。と書いたもののTVドラマに疎い私は、前評判も知らずにこれを手に取り、たちまちノックアウトされてしまいました。本書の成り立ちはどちらも男女二人によるメールや手紙を介した何気ないやりとり。けれどそこは〈台詞の魔術師〉の著者、絶妙な言葉選びによって恋愛模様のグラデーションがさりげなく、巧みに描かれています。書簡体小説というメディア特有の近さも相まって、二者間のミニマルな応酬の裡に広がる物語の奥行きたるや。するすると体に染み込んでゆく素敵な読書体験。

関連アーティスト