コラム

筋肉少女帯、メジャーデビュー35周年を祝う究極ベストが登場! 三柴理のベストアルバムも同時リリース

筋肉少女帯『一瞬!』、三柴理『LA PASSION』

メジャー・デビュー35周年を祝福する究極のベストと三柴理のベストが同時リリース!

筋肉少女帯 『一瞬!』 徳間ジャパン(2023)

 紆余曲折を経て〈凍結〉期間もありつつ、2006年の〈解凍〉後は大槻ケンヂ、内田雄一郎、本城聡章、橘高文彦という不動のラインナップで活動する筋肉少女帯。昨秋には結成40周年記念盤として“いくぢなし(ナゴムver. サイズ)”も発表した彼らだが、88年のメジャー・デビューから35周年を祝うこのタイミングで、メンバー監修によるオールタイム・ベスト『一瞬!』が届いた。これは全キャリアを網羅した全32曲がリマスタリングして収まったCD2枚組。新録曲としてはセルフ・カヴァーとなる“サンフランシスコ”“高円寺心中”の〈2023ver.〉に加え、完全新曲の“50を過ぎたらバンドはアイドル”も必聴だ。

三柴理 『LA PASSION』 徳間ジャパン(2023)

 また、86~89年の在籍メンバーであり、〈解凍〉後はサポートで筋少に関わるピアニスト、三柴理のベスト盤『LA PASSION』も同じタイミングで登場。クラシックからロックまで親しみやすい多様な楽曲がピアノ・ソロで披露され、筋少“キノコパワー”のカヴァーやシュトックハウゼンを取り上げた新録の4曲にも注目だ。

タグ
関連アーティスト