コラム

武者修行を続けるWHY@DOLLの足取り

【ZOKKON -candy floss pop suite-】第34回 Part.3

 2011年3月に選出されたTeamくれれっ娘!の1期生となる青木千春、そして同6月に加入した2期生の浦谷はるな。その派生ユニットにあたるWHY@DOLLは青木を含む4人組として始動しています。翌2012年には2人組となり、シングルを2枚リリース。そして2013年、すでに派生ユニットのSnow*Dropでデビューを済ませていた浦谷が電撃加入したのです。

【参考動画】WHY@DOLLの2013年のシングル“ふわふわ♪Party”

 

 トリオ編成ではZepp Sapporoでのワンマンを実現させ、3枚目のシングル“ふわふわ♪Party”は全国区での認知を一気に高めるものの、10月に1名が卒業。その直後に青木と浦谷は東京へ拠点を移したのでした。そして今年1月、インディー流通での“サンライズ!~君がくれた希望~”がオリコンで週間10位を記録。疾走感に溢れるカップリングの名曲“初恋☆キラーチューン”も含め、詞曲を手掛けたSHUN青SHUN学園)らしいエモさは、過去曲とは別種の勢いを彼女らから引き出すことに。そこで勝ち穫ったメジャー・デビューの成果が今回の“Magic Motion No.5”となるわけです。

【参考動画】WHY@DOLLの2014年のシングル“サンライズ!~君がくれた希望~”

 

 表題曲のアレンジにはagehasprings系列のIntegral Cloverを起用、異なる声質のコントラストを活かしたしなやかなダンス・ビートの優美さはまたもキラーチューン誕生!という感じですが、フォーク調の“向日葵”やエモいバンド演奏での“トラベリンバンド”、アコースティックなライヴ音源など、各種のカップリングもそれぞれ良いので聴いてみて!

 【参考動画】WHY@DOLLの2014年のシングル“Magic Motion No.5”

 

▼関連作品

左から、2012年の『Fight!/旅立ち』『ユメミルツバサ/ずっと もっと』、2013年の“ふわふわ♪Party”(すべてCradle)、2014年の“サンライズ!~君がくれた希望~”(ACUTEDISC)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

TOWER DOORS