PR
インタビュー

Devil ANTHEM.が青春を携えて駆け出した! 多彩な楽曲を詰め込んだ新作『Blue Youth』を語る

怒涛の熱気を生み出した昨年の勢いのまま、5人は結成10周年へ向かって駆けていく! かけがえのない青春を詰め込んだ新作『Blue Youth』はそのスタートダッシュの合図だ!

いろんな〈青春〉が詰まった一枚

 2月に通算4枚目のフル・アルバム『ADVANCE』を届け、春ツアーを経て5月にシングル“ar”でメジャー・デビュー、〈#でび夏〉と銘打った夏は〈TIF〉での〈でびぱっぱ夏祭〉をはじめとして各地で旋風を巻き起こし、10月には上田剛士(AA=)プロデュースのシングル“GOD BLESS YOU!!”を発表、年末には過去最大規模の会場となる東京・TOKYO DOME CITY HALL(TDC)で結成9周年ワンマン〈陽花歌歌〉を成功させ……と、2023年を大きな飛躍の年としたデビアンことDevil ANTHEM.。ますます加速する5人が、このたびメジャー・ファースト・アルバム『Blue Youth』を完成した。これまでグループが培ってきたサウンド・イメージを裏切らないエッジの立ったシングル曲を軸としつつ、トータルでは〈青春〉をテーマに掲げて多彩なサウンドに挑んだ新鮮な作品に仕上がっている。

Devil ANTHEM. 『Blue Youth』 ビクター(2024)

水野瞳「いままでのアルバムも一貫性はあったんですけど、今回みたいにはっきりテーマがある作品は初めてで。私の中で“Blue Youth”はいまの私たちを歌っている感覚で、“maybe...なんてモード”や“好きだ!”は学園ドラマみたいな青春、“冬ラテ”のような恋愛系の曲を歌うのも初めてだし、いろんな〈青春〉が詰まったアルバムになりました」

竹本あいり「久々に制服を着て撮影する機会が先日あったんですけど、以前“Days”(2019年のシングル)の撮影で制服を着たときは私たちも全員高校生で〈まさに青春!〉って感じだったのが、今回いざ制服を着てみたら、やっぱりみんな大人になったなと感じて。そのときに私の中でこのアルバムの〈青春〉の意味が変わったんです。それまでは“Days”のような青春の物語を私たちが提供する感覚だったけど、今回は大人になった私たちが青春時代を振り返りながらその想いを表現して届ける、みたいな。きっと私たちより年上のファンの方たちも青春時代の気持ちに戻って楽しめる作品になったのかなって」

 ちなみに、現在の5人が考える〈青春〉とは、いったいどういうものなのだろう。

あいり「いちばんの青春はやっぱり高校時代でしたけど、アイドル文化自体もすごく青春みたいに感じていて。時間に限りがある活動って、高校3年生みたいな感覚だと思うんですよ。隣にいる人を大切に感じたりとか、1つ1つの行事を〈これがラストか〉と思って、胸が切なくなって。そういう儚さがあるから、アイドルもある種の青春なのかなって」

橋本侑芽「実際に学校と両立していたときは大変だったけど、いま振り返ると〈ああ、あれが青春だったんだな〉って思う」

安藤楓「わかる。青春って終わったあとに気づくことが多いよね」

「現役時代に気づけないものなのかな」

竹越くるみ「それどころじゃないんだよ(笑)」

あいり「必死だからね(笑)。でも、必死なのが青春なんじゃない?」

「じゃあ、いまもそうだ」

くるみ「常にそうだよね」

タグ