2015.02.05

国際的な活躍を見せる女優の菊地凛子が、菊地成孔のプロデュースを得て音楽家=Rinbjoとしてアルバム・デビュー。突出した個性を持つ両氏の結託が一筋縄でいくはずもなく、形容し難いカオティックな音世界が展開されているのだが、そのベースはヒップホップ流儀のアプローチによって編まれている。先鋭的なビートが敷き詰められ、SIMI LAB勢にQNなど多数のラッパーやゲストが参加。Rinbjo自身もフレッシュなマイク捌きを見せるが、ラップだけでなく朗読や何気ない会話、そして歌までを披露しており、またそれらを等価に扱う手つきに本作の力点が見い出せるように思う。さまざまな声表現をヒップホップとして捉えることを目論んだ野心作? ともあれ、ぶっ飛んでおります。 

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop