コラム

OMSBの新作『Think Good』を機に振り返る、ラッパーとして/ビートメイカーとしての参加作品

OMSB 『Think Good』 Pt.2

幅を広げつつあるラッパーとしての客演ワークス

 ここではSIMI LABの2作目以降に世に出た、OMSBのラッパーとしての参加作品を紹介しておこう。

 まず、SIMI仲間のRIKKIが独力で完成させたソロ作ではDyyPRIDEと共にダークな表題曲に参加。NORIKIYO“Hey Money”のリミックス(配信のみ)でZORN及びAKLOと共演したのも話題だった。

【参考動画】OMSBが参加したNORIKIYO“Hey Money”のリミックス

 

 Damien Collaonaの奇天烈な“Craziez”、DJ SEIJIブーンバップ“Black Belt”といった真逆の流儀にも対応し、ペペ・トルメント・アスカラールに続く菊地成孔絡みの仕事では菊地凛子Rinbjoのアルバムで“さよなら”を告げたばかり。今年に入って登場した入江陽との“やけど”など、今後はさらに多様な文脈での出番も増えていきそうだ。

【参考動画】OMSBが参加した入江陽の2015年作『仕事』収録曲“やけど”

 


 

広範に伝播するOMSBのドープなビートメイカーぶり

 それ以前からクルーの面々はもちろんのこと、THE OTOGIBANASHI'Sから泉まくらPRIMALに至るまで、多方面にビートを提供してきたOMSB。『Page 2: Mind Over Matter』以降に世に出た作品でいうと、ZORNの『サードチルドレン』に2曲提供したのを皮切りに、話題作での登板が相次いだ印象だ。CAMPANELLAのC調でフリーキーすぎる“sho nuff bomb”、KOHHのアトモスフェリックで合法な“Drugs”は出色のコラボだし、Y'Sの選んだ“Fuc* U”も主役の皮肉めかした語り口が声ネタのループと好相性を見せていた。今年に入ってからだと、ちょうどリリースされた威神の初作にも“Not You”を提供したばかりだ。