Drop's、〈正常進化〉遂げた3作目は中野ミホのパワフルな歌も光るブルージーかつスピード感がありキャッチーな一枚

2015.08.11

重厚なブルース感を纏ったガレージ・ロック中心の初作、よりポップで幅広い音楽性にトライした2作目を経て、この新作を一言で表すならば〈正常進化〉。ブルージーでありながらスピード感があってキャッチーという新味は、70年代初頭のストーンズ風の“ローリン・バンドワゴン”や、超スロウなブルースから哀愁ロックへと展開する大曲“ハイウェイ・クラブ”などにはっきりと。パワフルな中野ミホの歌にも旨味が出てきた。


[English Translation]
Drop’s‘ first release was a blues-heavy garage rock album.  Their second release saw the band trying to go for a more pop sensibility.  If this new release were to be described with one phrase, it would be “sound evolution”.  It’s new bluesy, yet up-tempo and catchy approach is seen clearly in tracks such as “Rolling Bandwagon”, reminiscent of the Rolling Stones from the early 70s, or “Highway Club” that changes from extra-slow blues to melancholic rock.  Nakano Miho’s powerful vocals are starting to show flavor.

関連アーティスト
TOWER DOORS