著者 徳永 雄紀