Yabemilk、自身のレーベルから放つ5年ぶりの新作はほのぼのとしながら色とりどりの電子音楽聴かせる一枚

2016.04.05

宝塚を拠点にマイペースな創作&ライヴ活動を続けるなかで完成させた、実に5年ぶりとなる通算5作目は、満を持して立ち上げた自身のレーベルから。淡々とした展開の上を控えめに鳴らされたシンセや電子音が駆け回る“antipodes”、さまざまに表情を変えるメロディーが順に現れては消えゆくドリーミー・ブレイクス“arrving from sky”など、ほのぼのとしながらも色とりどりの電子音楽を聴かせてくれます。

関連アーティスト
TOWER DOORS