2017.07.10

言葉がしっかり聴こえてくる。これまで以上に日本語詞と向き合ったのがわかる。コーラスも全体的に凝っていて素敵。ヘロヘロでくだを巻くように突っ走る印象の強かった彼らが、逞しくメロディアスな曲を鳴らすバンドに成長している。インディー・パンク云々なんてどうでもよくなるくらい、若さも哀愁も最高純度な“マチフェス”“Block Party”のギター・ソロは泣けました。セルフ・タイトルのサード・アルバム。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop