DISC GUIDE

ANARCHYの歩みと『NEW YANKEE』を楽しむための12枚

ANARCHY 『NEW YANKEE』 Part.2

 ヒップホップという夢を糧に京都の団地からメジャーの大舞台へと駆け上がったANARCHY。ここでは彼が〈NEW YANKEE〉になるまでのキャリアを振り返っておこう。14歳の頃にラップを始めた彼は、2000年に地元の仲間のYOUNG BERYNAUGHTYJCDJ AKIOと共にRUFF NECKを結成。やがてRYUZOの主宰するR-RATEDと契約すると、前年のシングルを経て2006年に初のアルバム『ROB THE WORLD』を投下。BACHLOGICSUBZEROといった全国区のプロデューサーを中心に、本家を迎えたM.O.S.A.D.のリメイクなどトピックも織り込み、生々しい路上感と共に〈不良音楽〉としての最高峰をいきなり完成させた。

【参考動画】ANARCHYの2006年作『ROB THE WORLD』収録曲“K.H.B.K.”

 

 それから3年、半生を綴った自伝「痛みの作文」の出版を挿んでの2作目『Dream and Drama』では、前作にも参加していたBlast Off Productionsなど数組にプロデューサーを絞り、統一感のあるソウルフルなサウンドに乗せて己の痛みをリリックに託し、夢への切実さをドラマティックな楽曲へと昇華。代表曲“Fate”を含む、重みのある傑作をモノにしている。

【参考動画】ANARCHYの2008年作『Dream and Drama』収録曲“Fate”

 

 一転して3作目『Diggin' Anarchy』(2011年)はMUROが全曲をプロデュース。ここでは彼の新たな面をMUROがディグするというテーマが掲げられ、シネマティックな緊迫感に満ちたファンキーな大名曲“Side B”やPUSHIMとのラヴソング“Magic Hour”などいままでにないタイプの曲にも開眼。なお、同年12月にはHOME GROWNがバックを務めた生バンド編成のライヴを敢行しており、その模様はDVD「ANARCHY LIVE AT BILLBOARD LIVE TOKYO」で確認できる。翌2012年には、結成12年目にしてついにRUFF NECKの初作『RUFF TREATMENT』を完成。悪友たちとのハード・ライフを90年代マナーも交えた集団ならではのノリで見せつけた。

【参考動画】ANARCHYの2011年作『Diggin' Anarchy』収録曲“Magic Hour”

 

 そして2013年は、DMC世界チャンピオンのDJ威蔵のミックスによる『60 Minutes of ANARCHY』を経て、フリー配信でバズった4作目『DGKA(DIRTY GHETTO KING ANARCHY)』をドロップ。ビートもリリックもブッ飛んだパーティー・スタイルはLEPボーガス・ボーイズの参加というニュース以上に大きな話題となり、『NEW YANKEE』への道を拓いたのだった。

【参考動画】ANARCHYの2013年のミックステープ『DGKA(DIRTY GHETTO KING ANARCHY)』収録曲
“Much Later”

 

▼ANARCHYの作品

左から、2006年作『ROB THE WORLD』、2008年作『Dream and Drama』、2011年作『Diggin' Anarchy』、2012年のライヴDVD「LIVE AT BILLBOARD LIVE TOKYO」、RUFF NECKの2012年作『RUFF TREATMENT』、2013年のミックスCD『60 Minutes of ANARCHY Mixed by DJ IZOH』(すべてR-RATED)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

 

CREAM #nofilter rhythm zone(2014)

John Fonteinは本作でも手腕を発揮しているが、ここではメンバーのStaxx TT'Z BEATZ名義で手掛けたビートに注目したい。スナッピーなトラップの“PARTY CHAKKA-MEN”はズバリ『NEW YANKEE』に結びつく楽しさだし、何より髪型がニュー・ヤンキーなノリ(?)でヤバい!

【参考動画】CREAMの2014年作『#nofilter』収録曲“PARTY CHAKKA-MEN” パフォーマンス映像

 

 

SIMON B.U.I.L.D. STREET OFFICIAL(2013)

かつて“未来は暗くない -The Next-”でANARCHYと共演し、以降も各々のやり方でシーンを牽引してきた同世代のSIMONSONPUBエイサップ・タイ・ビーツらとも手を組んだ本作の粋なフレッシュネスは、BACHLOGIC参加もあって『NEW YANKEE』に近い薫りを放つ。

 

 

m-flo FUTURE IS WOW rhythm zone(2014)

MTVでの対談を経て『NEW YANKEE』に駆けつけたのがVERBAL。彼と縁深いJohn FonteinとMajor Dudeも参加しており、実はキーマンでもあるのか? m-floの最新作でのはっちゃけぶりとはまた異なる、“VVVIP”での珍しくオンビートなラップにはビックリ!

 

 

Dizzle JUICE Cabron Music/SPACE SHOWER(2014)

『DGKA』でバウンシーなトラップ仕様の3曲を手掛けてANARCHYのモード更新に貢献したのがAva1anche。そこから『NEW YANKEE』に再録された“Energy Drink”にも通じるウォブリーな手捌きは、NY在住の日本人レゲエDJである彼の新作でもたっぷり聴ける。

 

 

DEXPISTOLS LESSON.08/TOKYO CULT tearbridge(2014)

ANARCHYとはイヴェントで共演する機会が多く、交流を深めている様子のDJ DARUMADEX名義での最新ミックスCDには、KOHHなどのラッパー勢を迎えた新曲やHABANERO POSSEの楽曲もあって『NEW YANKEE』とのシンクロ率は高めだ。コラボにも期待!

 

 

A$AP ROCKY Long.Live.A$AP Polo Grounds/RCA(2013)

ズルズルとした語り口でトラップもスクリューインディー・ロックも引き寄せるエイサップ軍団の筆頭格による傑作。スクリレックス製のトラップ・バウンスなどは『NEW YANKEE』と併せて聴きたいところ。なお、ANARCHYは彼がお忍びで来日した際に共演してます。

 

 

SKRILLEX Recess OWSLA/Big Beat/Atlantic/ワーナー(2014)

“Energy Drink”で聴けるようなウォブリー・サウンドを広めた最大の功労者はこの人。そのイメージに止まらない多彩な内容となった初のフル・アルバムでは、チャンス・ザ・ラッパーのぬるま湯歌唱もご機嫌な倍速バウンス“Coast Is Clear”が『NEW YANKEE』的?

 

 

Young Drunker SIGNATURE FIVE STAR(2013)

ブルンブルンと威勢良く幕開けを飾る“The Theme”は、YELLOW DIAMOND CREW周辺から頭角を現し、最近ではCherry BrownやKOHHらの曲でスナッピンな味わいを見せたY.G.S.P.によるもの。ルーズなノリがクセになる東京の4人組の本作でも器用な業師ぶりを発揮。

 

 

MARY JANE STREET NAMES VYBE(2014)

KOHHの話題作“JUNJI TAKADA”でその名を知らしめた理貴は、『NEW YANKEE』に2曲のビートを提供。LUNASOULHEADTSUGUMIから成る本ユニットの初フル作でも“Superstar Remix”に登板しており(原曲にはANARCHYが参加)、この先が有望な注目の若手だ。

【参考動画】MARY JANEの2013年作『ONE-EP-VOL.2』収録曲“Superstar”

 

 

Zeebra 25 TO LIFE ARIOLA JAPAN(2013)

シーンの動向に敏感なシマウマは、本作にてKOHHやHABANERO POSSEら『NEW YANKEE』な連中とも共演済み。前作『Black World/White Heat』でのコラボでウマが合ったのか、自身のプロデュースするこの夏話題のイヴェント〈SUMMER BOMB〉にもANARCHYを招集!

 

 

TROY AVE New York City: The Album -Deluxe Edition BSB/Empire(2013)

KOHHと少年期の思い出を綴ったヘヴィーな“Moon Child”を、レゲエ使いの重たいビートで演出したのがUSマリー・ザ・マーシャン韻踏合組合など日本での仕事もあるが、いま聴くならNYのフレッシュマンによるこちらの最新作が旬! 

 

 

SMITH-CN KIDS TO BIG R-RATED(2013)

今回の『NEW YANKEE』にR-RATED勢は参加していないが、並べて聴きたいのが茨城のラップ巧者による本作。ANARCHYとはバンギンな“Up!!!!!!!!”で手合わせしており、グニャリとローリングしながらツボを突く軟体質のフロウは、押しの強いANARCHYのラップと好対照で映える!

※試聴はこちら

TOWER DOORS
pagetop