野崎りこん 『Love Sweet Dream LP』 切り取る歌詞に個性際立つセカンド・アルバム

2019.09.17

電波少女の初期メンバーとしてネット・ラップ界でキャリアを開始し、ぼくのりりっくのぼうよみや、釈迦坊主、Jinmenusagiらとの共演をはじめ、OMSBの楽曲など数々の客演も通じ活動を広げてきた野崎りこん。彼のセカンド・アルバムは、2009年の同名フリーEPの続編となるもの。変化球的なビートを多く配した前作から音楽性こそ整理したものの、切り取る歌詞に際立つ個性はここでもあちらこちらに。釈迦坊主のビートに前のめりなフロウを聴かせる“Yo”から、アコギと女性ヴォーカルに導かれた“Pinky Cloud Castle”への転調と共に一気に視界の広がるリリックも印象的だが、アルバムきっての飛び道具ともいうべきオケにビザールな歌詞を乗せる“罪と罰”はやはり極めつけか。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS