2019.11.05

タイトルからして惹かれる冒頭曲“STNR Rock and Roll”は得意の疾走感で攻めると思いきや、アコースティックな響きのなかにオートチューンを効果的に用いた貫禄のアンセム。ノスタルジック色が濃い“吉祥寺”、葛藤と清々しさが溶け合う様を哀愁のギターや美しいピアノでドラマティックに仕上げた“スパイラル”にしても、〈これがテナー!?〉という衝撃を経てじわじわと納得できる、味わい深いミニ・アルバムです。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop