インタビュー

Ovall『Ovall』 待望のリユニオンを果たした3人が語る初のセルフ・タイトル作

Ovall『Ovall』 待望のリユニオンを果たした3人が語る初のセルフ・タイトル作

ただ良い音を探究してきた3つの流れが、ふたたびひとつの強靭なアンサンブルを紡ぎ上げる。ついに登場したセルフ・タイトル作品に込められた思いとは……?

うちらこういうのやってたよね?

 クラブ寄りの新たなセッション・カルチャーの盛り上がりを体現した『DON'T CARE WHO KNOWS THAT』、よりジャンルレスなポップ・ミュージックへとシフトした『DAWN』という2枚のオリジナル・アルバムを発表し、多くのリスナーの耳を虜にするも、2013年に活動休止をアナウンスしたOvall。その後、Shingo Suzuki、関口シンゴ、mabanuaの3人はそれぞれプロデューサー/サポート・ミュージシャンとして多岐に渡って活動し、国内外におけるネオ・ソウルの再評価や、新たな世代のジャズ/ヒップホップの台頭を受けて、復活が待望視されるようになると、2017年に再始動。幅広いフィールドでライヴを行ってきた。

 「4年間はお互い別の仕事やソロ活動をしつつ、同じ現場になることも結構あったので、コミュニケーションはずっと取ってて。そんななかで、誰からともなく〈そろそろやろうか〉って話になったんです。〈Ovallやらないんですか?〉って言ってもらうことがすごく増えたのもあって、そこは音楽シーンの移り変わりもいくらか影響してるんでしょうね。ヒップホップをはじめ、ブラック・ミュージック熱が世界的に強まってきて、〈うちらこういうのやってたよね?〉みたいな感じもあって」(関口)。

 2017年12月に再始動ライヴを渋谷WWWXで開催してから約2年、3枚目のオリジナル・フル・アルバム『Ovall』がついに完成。フィーチャリング・ゲストは最小限に抑え、インスト・バンドとしての在り方を見つめ直した作品となった。

Ovall Ovall origami(2019)

 「作りはじめてから、実は一回軌道修正をしてるんです。最初は歌モノがけっこう多くて、でもその全部を僕が歌うとソロとの差がつかなくなっちゃうし、とはいえフィーチャリングに頼りすぎると、自分たちはやっぱりプレイヤーなわけで、演奏を見せるっていう意味ではどうなのかなって。あとサブスクの話で言うと、言語の壁は少なくなってきたとはいえ、やっぱり日本人アーティストはインストのほうが回るんですよね。そういう話をスタッフともして、じゃあ、半分以上インストでいいんじゃないかなって」(mabanua)。

 

上澄みを掬い取る

 空間を活かし、シンセやサンプルを配した立体的なプロダクションによって、新たなOvall像を明確に提示したのが、アルバムの1曲目を飾る“Stargazer”。2月に先行で配信された同曲は世界中のリスナーに聴かれ、現在では150万回再生を突破とバンドの新たな代名詞となっている。

 「普段はそれぞれがデモを作って持ち寄るんですけど、“Stargazer”はスタジオに集まってゼロから作った数少ない一曲で。まず骨組みを作って、〈わかりやすいテーマが必要だね〉ってなったときに、mabanuaがシンセを入れて、そこで大枠が決まったんです。これまではオルガンやエレピが多かったんですけど、今回はシンセの分量が増えました」(Suzuki)。

 「今回はインストで表現するのが上手い人たちの曲に影響を受けてて、“Stargazer”とかはデイム・ファンクを意識してたり。いま流行ってる人というよりも、昔から聴いてきた人たちの影響をアルバムの中に盛り込んだ感じです。僕、夏にスタジオを建てたんですけど、“Stargazer”とか“Slow Motion Town”はそこでミックスしてて、低音の出し方、帯域にはすごくこだわっていて。ただ、低音は出しすぎると曲のスピード感が消えてしまうので、逆に“Dark Gold”とか“Rush Current”は、重低音を出さないようにしました」(mabanua)。

 “Dark Gold”は昨年11月に亡くなったロイ・ハーグローヴに捧げられた一曲。トランペットに類家心平を迎え、アシッド・ジャズの熱気を現在に伝えている。

 「ロイ・ハーグローヴも3人共通してずっと好きで、やっぱり音楽家としていままで何を蓄積してきたか、そこを表現するのが今回のアルバムの使命だったんですよね」(mabanua)。

 「村上春樹さんが好きで、エッセイとかも読むんですけど、小説でも影響を受けたものをすぐに出しちゃうと、細いらしいんです。〈一回経験として自分の中に沈めて、上澄みとして上がってきたものを掬い取るんだ〉って書いてて、自分もその姿勢を持ちたいなって。なので、いま僕はトム・ミッシュを参考にしたいですけど、すぐにはやらない(笑)」(関口)。

 「“Dark Gold”はライヴでやってて、熱くなれる曲です。出会ってもう十何年ですけど、当時セッションしてた感覚が蘇る。この曲の中にはディアンジェロとかも入ってて、いまとなっては血となり肉となった部分を、それこそ上澄みとして、良い感じに表せたんじゃないかな」(Suzuki)。

 

改めてのシンプルな表現

 ヴォーカル・トラックとしては、フィリピンのバンド、アップ・ダーマ・ダウンのアーミを迎えた今作唯一のフィーチャリング曲“Transcend”や、origamiの新世代を象徴するNenashiが作詞を手掛けた“Come Together”などを収録。mabanuaの色気のある歌声も、やはりバンドの大きな魅力だ。

 「“Come Together”はサンダーキャットっぽいイメージで、AORな感じにイマっぽいビートが乗って、でも歌は爽やかっていう」(mabanua)。

 「曲を作るときはつい家にあるローズを触っちゃうんですけど、普通にロングトーンで伸ばすのからは離れたくて、“Transcend”は自由にローズを弾いて、それをチョップしてフレーズを作って、イントロにしました。“Desert Flower”もジャズ寄りの曲で、いままでだったらローズをメインに作るところを、ギターとシンセをメインにしておもしろく聴かせるっていうイメージでしたね」(Suzuki)。

 それぞれキャリアを重ねてきた3人がシーンの流れに合わせるのではなく、みずからの歴史と向き合い、バンド・アンサンブルとトラックメイクを突き詰めた至極の9曲。3作目にして誕生したセルフ・タイトル作には、Ovallにしか鳴らせない音が詰まっている。

 「原点回帰というわけじゃないけど、いろいろやって一周して、アップデートされて、シンプルに削ぎ落とされたインスト・バンドとしての表現ができたと思うので、自分たちが言葉で何かを伝えなくても、リスナーに委ねられるなって。だったら、アルバム・タイトルはシンプルに自分たちの名前を入れれば、より想像も広げてもらえるだろうし、これがいちばんしっくりきたんです」(Suzuki)。

 「今回はタイトルもジャケットもアーティスト写真も全部早く決まって、自分でも〈こんな簡単に決めちゃっていいのかな?〉って一瞬思ったんですけど、でもよく考えると、違うときは絶対〈違う〉って言うし、違和感があるときには絶対〈いいんじゃない?〉とは言わないんですよ。再始動したときも、自然と〈やろっか〉ってなったし、〈ホントに?〉って思うような決まり方をするときが、実はいちばん正しい気がするんですよね」(関口)。

 

関連盤を紹介。
左から、類家心平が名を連ねるRonin Arkestraの2019年作『ソンケイ』(rings)、初回限定盤にリミキサーとして参加したKan Sanoの2019年作『Ghost Notes』、Michael Kanekoの2019年作『WESTBOUND EP』(共にorigami)、WONKの2019年作『Moon Dance』(ユニバーサル)

 

関連アーティスト
TOWER DOORS