2020.02.05

ブルックリン拠点の女性シンガー・ソングライターによる2年ぶりの新作はマージ移籍第1弾となる作品。初のセルフ・プロデュース作ということもあり、アルバムのプロダクションは大きく変化。PJ・ハーヴェイを彷彿させる従来のオルタナ的な雰囲気を保ちつつ、ノイジーなギター、エレクトロニクス、エコーをさらに多用し、壮大で幽玄的な世界観を作り上げている。音楽的な幅を一気に広げた新境地の作品ですね。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop