PR
インタビュー

新生SpecialThanks、最高潮! バンドの楽しさが詰まったアルバム『SUNCTUARY』を語る

Page 3 / 5 1ページ目から読む

もっともっと自分をさらけ出していこうよ

――その未来や今後の活動に対する溢れんばかりの期待感は、今回の新作『SUNCTUARY』からもすごく伝わってきました。当初はどんなアルバムにしようと思って制作に取り掛かったのですか?

Misaki「〈当初〉はいつもないんですよね(笑)。毎回、まず〈〇曲入りのアルバムを作ろう!〉っていうぐらいのテーマだけを決めて、そのときにある楽曲から、アルバムとしてまとめるにあたって足りないものを作っていく感じなんです。今回は“ミラコーナイト”とか“明日も明後日も”とか、今までよりも多めにストックがあったんですけど、いちばん最初に作っていたのは“光に変えて”かな? アレンジ作業はだいぶ後になったけど、歌詞は先に出来ていて」

『SUNCTUARY』収録曲“光に変えて”
 

YOSHIDA「(収録曲の)半分ぐらいはアルバムを作り始める時点であった曲だよね。自分としては、最近のSpecialThanksは『HEART LIGHT』(2018年)とか聴かせるタイプの作品が多かったけど、初期の〈SEVENシリーズ三部作〉みたいにメロディックの要素が強くて、ライブでモッシュやダイヴが起こるぐらい盛り上がる部分を感じ取れるものにしたくて。なのでKOUSUKEと2人でスタジオに入って、曲のテンポを変えてみたりとか、いろんなアイデアを出し合いましたね」

Misaki「アレンジはみんなでスタジオに入って作りあげていきました。曲は弾き語りのものを私が持っていって」

――たしかに今作は、初期の頃のようなメロディック・パンク感が強まっているように感じたのですが、それは今のバンドの方向性として志向している部分なのですか?

Misaki「別にメロディック・パンクみたいな形になりたいわけではなくて。もちろんそれを求めている人がたくさんいるのも知ってるし、私も好きではあるんですけど、スペサンにしかできないものをやりたいんです。例えば“ムーブメント”は2ビートの曲ですけど、メロコアも単純に2ビートをやればいいわけではないと思うし、せっかくこのメンバーでやるなら、ギターのコードもしっかり作り込んで、私が綺麗なメロディーを歌って、演奏はがっつりパンクな曲にしたくて」

『SUNCTUARY』収録曲“ムーブメント”
 

――“ムーブメント”は、大きな意味での愛についてストレートに歌った、素晴らしい曲だと思います。他にも、例えば“Wake up!Crazy man!”には〈Wake up!〉という力強い言葉のリフレインがありますし、聴き手を鼓舞するようなメッセージ性の強さも本作の特徴のように感じました。

Misaki「この曲には〈本当の自分を呼び覚ませ!〉みたいなメッセージがあって。私はこのメンバーと一緒にいると、すべてをさらけ出せるなと思っていて」

Toshiki「別にエロい意味じゃないですよ」

――わかってます(笑)。

Misaki「私はこのメンバーに眠っていた自分をどんどん引き出してもらっていて、それが出れば出るほど、自分自身が輝いていくことを実感しているんですよ。だからこそみんなにも、〈あなたの中の本当の自分=クレイジーマン〉を出して、自分に夢中になってもっともっと自分をさらけ出していこうよ、ということを歌いたくて」

『SUNCTUARY』収録曲“Wake up!Crazy man!”
関連アーティスト
TOWER DOORS