PR
インタビュー

SOA × 島裕介、ヴォーカルと〈歌うホーン〉を調和させた『Voice of Buoy』を語る

大阪の新鋭ジャズ・シンガーを辣腕トランペッターがプロデュース

(左から)SOA、島裕介

リーダー・プロジェクト〈SilentJazzCase〉はもちろん、数多くのアーティストのサポート、さらにはテニス世界大会〈楽天オープン2019〉決勝での国歌トランペット独奏など、さまざまな活躍で知られるトランペッターの島裕介。以前、ビートメイカー・re:plusとのコラボレーション・アルバム『Prayer』についてのインタビューをお届けしたように、その活動はとにかく幅広い。

そんな島が主宰する等々力ジャズレコーズは、自身のヒット・シリーズ〈名曲を吹く〉も発表しているが、一方で橋本芳『GENESIS』(2017年)や渚まいこの『Seasons』(2016年)など、新たな才能をシーンに届ける場にもなっている。そんな等々力ジャズレコーズが送り出す新星が、大阪のシンガー・SOAだ。

歌においても音楽性にもおいても貪欲なチャレンジを続けてきたSOA。そんな彼女の魅力が大きく開花したファースト・フル・アルバム『Voice of Buoy』が、6月3日(水)にCDでリリースされる(デジタル配信は5月20日から)。プロデューサーを務めたのは島。東西の若手演奏家たちと作り上げた本作の音楽性は実に幅広く、静謐なピアノとのデュエットからネオ・ソウル、エレクトロニックなビート・ナンバーまで、単に〈ジャズ・ヴォーカリストのアルバム〉と一言で片づけられない多彩な挑戦とみずみずしさにあふれている。

今回は、その『Voice of Buoy』についてSOAと島に話を訊いた。ふたりの出会い、SOAのルーツからこの力強い作品に至るまで、あますことなく語ってくれた。 *Mikiki編集部

SOA 『Voice of Buoy』 等々力ジャズレコーズ(2020)

TOWER DOORS