トピック

uamiとDos Monosの没 a.k.a NGSによる、不健康で軽やかな余韻を感じる真夜中のブランチ的コラボEP『踊る火炎(ep)』が配信中

uamiとDos Monosの没 a.k.a NGSによる、不健康で軽やかな余韻を感じる真夜中のブランチ的コラボEP『踊る火炎(ep)』が配信中

uamiと没 a.k.a NGSのコラボレーションEP『踊る火炎(ep)』が、2020年7月3日にリリースされた。

ビクターの新レーベル〈CONNECTUNE〉の第1弾アーティストとして『Composition baby exercise book (long)』『Composition baby exercise book (five)』『消費散文』の3作を2019年に発表した福岡の音楽家・uami。honninmanとのユニット〈解体ザダン壊〉としても活動する彼女が、東京のラッパー/プロデューサーで、Dos Monosのメンバーとしても活躍する没 a.k.a NGSとコラボした。

2人の作品『踊る火炎(ep)』には、今年の6月9日から7月2日までの間に制作した楽曲が収録されている。本作について、没 a.k.a NGSは〈この一ヶ月間は遊戯実験期間だった。(作品の中身が)大変なことになっているので、できるだけたくさんの人に味わってほしい〉とコメント。

いっぽう人前でのプレゼンテーションを大の苦手とするuamiは、〈自分には、手近なツールを使用する製作が性に合っているように思う。本作でも大いに露顕している垢抜けないホームメイド・サウンド、その原因の一端は私なもんで〉と、やけに朗々と語った……らしい。

なお、フィルムの現像に失敗したかのような解像度が低いアートワークはuamiによるもの。彼女はPowerPointを専ら描画ツールとして使用することに躍起になっているとか。

〈ジャンル横断〉の意味すら縦横無尽に叩きのめしつつ、ハンドメイドの温もりや、新たな日常に対する感情の蠢き、そして鼻腔にかじりつく種々の香りを感じさせる本作は、全9曲というヴォリュームにして、不健康で軽やかな余韻を感じることができる、真夜中のブランチ的作品だ(以上、uamiの〈非公式紹介文章〉より)。

『踊る火炎(ep)』は、Bandcampでデジタルとカセットテープの2形態でリリースされている(残念ながら、カセットはすでに売り切れ!)。また、近日中に各種配信サーヴィスで聴けるようになるとのことだ。

 


RELEASE INFORMATION
uami × 没 a.k.a NGS EP『踊る火炎(ep)』

TRACKLIST
1. Blue 
2. Do, neko milk
3. bpm 56
4. Ballad of 空間系
5. Sour(雀荘田中)
6. trimmin’
7. yi en - hana uranai
8. 起源
9. u&b

Track 2, 4, 6, 8, 9: Prod. by uami
Track 1, 3, 5, 7: Prod. by 没 a.k.a NGS(botsu)

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop