連載

【tofubeatsの棚の端まで】第88回 たまの休み4――PIZZICATO ONEの最新ライブ盤から小西康陽つながりでMELLOW MELLOWへ!

騒ぐ人々の中でひとりで揺れているような……そんな2020年の作法でお送りする連載!

【tofubeatsの棚の端まで】第88回 たまの休み4――PIZZICATO ONEの最新ライブ盤から小西康陽つながりでMELLOW MELLOWへ!

 この〈たまの休み〉というタイトル、まさかこんなに続くとは……次回くらいからはもう改めましょうか。東京都では一時小康状態だった感染者もふたたび増加の兆し……このまま東京はどうなっちゃうんだろうなあと思いながらひさびさの配信DJイベントへの荷造りをしていたら新譜が届きました。そんな一枚から今回は数珠繋ぎ。

PIZZICATO ONE 『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』 ユニバーサル(2020)

 小西康陽氏による2019年のライブが収録された一枚。台風前夜のソワソワした感じ……でなく驚くほど穏やかでアットホームな、それでいてドキドキする作品。過去多くのミュージシャンに楽曲を提供していた小西さんがそのレパートリーを一挙に自分で歌う。小西さんはこれらの楽曲を提供された人のように声量や音程がとびきり正確なヴォーカリスト、というわけではないと思うのだが、再生を始めるとこれらの楽曲は明らかに〈小西さんの曲〉であるんだな、と納得させられてしまう。濃密でとても素晴らしい時間が味わえる作品。幕間のMCやちょっとした仕掛けもとってもチャーミングで素敵である。

 話は変わってしまうが、昔に小室哲哉さんのアレンジ仕事で仮歌をいただいたことがある。サラっと吹き込んであるものだったにもかかわらず妙に魅力的で、完成した音源よりそちらばかりを聴いてしまっていた。世間一般で言われる歌のうまさの向こう側にある、作曲者本人が知っているツボを押さえていて、それがわからないからこそ魅力的に感じるのかもしれない。

 

 このグループについては一切知らなかったのですが、小西さんの最新の作曲である、ということで聴いてみました。サラッとこういうタイトルなのもそうだし、グループ名とかをアッサリ歌詞に入れてくるところなども。ただ今回特筆すべきはこのアレンジ。最近のバイレファンキなどを聴いてると、〈もうこの音はみんな聴こえてる〉みたいな音を省略してしまうところに潔さとそれによる変質のおもしろさを感じるのだが、この曲にも似たようなものを感じてしまう。豪華なアレンジを聴いているような気分だけど実際はシンプルな……どういうこと!?

 


tofubeats(トーフビーツ)
90年生まれ、神戸出身のトラックメイカー。自身の作品をリリースするほか、大比良瑞希、Sexy Zone、徳利、CHEMISTRY、中島愛、土岐麻子、向井太一、SUKISHA×kiki vivi lily、平井堅、m-floらの楽曲を手掛けています。8月19日には自身の最新ミニ・アルバム『TBEP』(UnBORDE)がLPリリースされ、同時にニュー・シングル“I CAN'T DO IT ALONE”も12インチ/配信でリリースされますよ! その他の最新情報は〈tofubeats.com〉をご覧ください!

関連アーティスト
TOWER DOORS