トピック

キャバレー・ヴォルテール(Cabaret Voltaire)が26年ぶりの新作をリリース! インダストリアルの伝説的バンドがついに復活、新章へ

キャバレー・ヴォルテール(Cabaret Voltaire)が26年ぶりの新作をリリース! インダストリアルの伝説的バンドがついに復活、新章へ

キャバレー・ヴォルテールがニュー・アルバム『Shadow Of Fear』を2020年11月20日(金)にリリースする。

73年に英シェフィールドで結成され、インダストリアル・ミュージックのパイオニアとして知られるバンド、キャバレー・ヴォルテール。現在はリチャード・H・カークのソロ・プロジェクトになっているキャブスことキャバレー・ヴォルテールは、『The Conversation』(94年)以来、オリジナル・アルバムを発表していない。そんななか、実に26年ぶりのスタジオ・アルバム『Shadow Of Fear』を名門ミュートからリリースする。

アルバム・リリースの発表と同時に、収録曲“Vesto”を公開した。配信リンクはこちら

リチャード・H・カークからのコメントを交えたプレス・リリースには、以下のように書かれている。

キャバレー・ヴォルテール――通称キャブスは、エレクトロニック、ポスト・パンクやインダストリアル・ミュージック・シーンにおいて未だに他の追随を許さない、常に時代の先をいくバンドであり、このニュー・アルバムでも同様の進化を遂げている。テクノ、ダブ、ハウス、70年代のドイツ音楽や斬り刻まれたヴォーカル・サンプルを挿入した難解な作品まで網羅されており、新境地に達しているエレクトロニック・ミュージックの歴史を最初から辿っていくようなアルバムとなっている。

「アルバムの制作が終わったのと同時に、この天変地異(コロナ禍)が飛び込んできたんだ」とリチャード・H・カークが語る。「『Shadow Of Fear(恐怖の影)』というタイトルは計らずも的を得たタイトルだと思う。全てのヴォーカルはこの社会的パニックが起こる前に録音し終わっていたから、現在の状況が私の行動に影響することはなかったが、私が生来持っている分裂症気味の性格のせいで、作品の中に変なことや現在の情勢をとらえるようなヒントが何か見えるかもしれない」。しかしながらリチャード・H・カークの作品によくあるように、具体的な意味やストーリーは実際に言葉として紡がれているものよりよほど意味をもって伝えられている。「シュールレアリズムは常にキャバレー・ヴォルテールにとって重要なことだったし、それはいまだにそうなんだ」。

ことの始まりは2014年、ベルリンの〈アトナル・フェステイヴァル〉で行われたキャバレー・ヴォルテールの12年振りのライブであり、このバンドの新章が始まったのだった。「復帰するにあたっての理念は後ろを振り向かない、ということだった」と語るのはリチャード・H・カーク。「通常のルールを当てはめない、21世紀に向けて何かを行う、過去の素材は使わない」。

ここ数年間にわたり、ミュートから様々なカタログがリリースされている間、リチャード・H・カークは特定のフェスやコンサートでヨーロッパ中を駆け回り、これからのキャバレー・ヴォルテールのサウンドを形作っていった。「様々な楽曲をライヴ・パフォーマンスを通して作り始めていった」と彼が語る。「曲の元となるのは全くの素材ネタそのもので荒削りなものだった。ライブに訪れるときには、毎回何かフレッシュな曲を作りたいと思っていたんだ」。

これはキャバレー・ヴォルテールの新章へ向けた新しい音楽なのである。「このバンドの過去の作品に関して人々が称賛してくれるのは嬉しいよ」と語るリチャード・H・カーク。「だけれども、そこに安住するのは危険だね」。

インダストリアル・ミュージックの伝説的バンドがひさびさに発表する新作ということで、とても楽しみだ。リリースが待ちきれない。

 


RELEASE INFORMATION

CABARET VOLTAIRE 『Shadow Of Fear』 Mutte/Traffic(2020)

リリース日:2020年11月20日(金)
品番:TRCP-288
価格:2,400円(税抜)
解説:野田努(ele-king)

TRACKLIST
1. Be Free
2. The Power (Of Their Knowledge)
3. Night Of The Jackal
4. Microscopic Flesh Fragment
5. Papa Nine Zero Delta United
6. Universal Energy
7. Vasto
8. What’s Goin’ On

 

PROFILE: CABARET VOLTAIRE
バンド名の由来:1910年代に既成の秩序や常識に対するカウンターとして起こった反芸術運動(ダダイズム)の活動拠点であったスイスのキャバレーの名前にちなんでいる。既存の音楽の解体、再構築という彼らのサウンドと共鳴している。

73年結成。シェフィールド出身。オリジナル・メンバーはリチャード・H・カーク(ギター/キーボード/テープ)、スティーブン・マリンダー(94年脱退。ヴォーカル/ベース/キーボード)、クリス・ワトソン(81年脱退。キーボード/テープ)。現在は、リチャード・H・カークのソロ・プロジェクトとなっている。

79年にデビュー・アルバム『Mix-Up』をリリース、82年初来日公演実施。

2020年11月、26年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Shadow Of Fear』を発売。

関連アーティスト
TOWER DOORS