インタビュー

小山実稚恵、思い入れあるベートーヴェンに初めて取り組んだ新作を語る

小山実稚恵『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番&第29番「ハンマークラヴィーア」』

©Hideki Otsuka

メモリアル・イヤーに登場した小山実稚恵の初のベートーヴェン

 2006年から17年まで〈12年間・24回リサイタルシリーズ〉を敢行し、高い評価を得た小山実稚恵が19年春から21年秋まで〈ベートーヴェン、そして…〉という新シリーズを行っている。これはベートーヴェンのピアノ・ソナタ第28番で幕を開けた。そして初のベートーヴェン・ソナタ・アルバムもソナタ第28番と第29番“ハンマークラヴィーア”という組み合わせである。

 「私はチャイコフスキー国際コンクールとショパン国際ピアノ・コンクールを受けたことから、ロシア作品とショパン等のロマン派作品がレパートリーだと思われているようですが、学生時代はドイツ作品をもっとも多く勉強していました。J.S.バッハ、ベートーヴェン、シューベルトは本質的に大好きな作曲家ですし、12年のシリーズでも、ベートーヴェンの最後の4つのソナタ他をもちろんプログラムに入れていました。それがいまようやく、初録音へとつながったわけです」

小山実稚恵 『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番&第29番「ハンマークラヴィーア」』 ソニー(2020)

 彼女はベートーヴェンのソナタのなかではとりわけ第28番に魅了され、ぜひ録音したかったという。

 「冒頭から和声と調性に引き付けられ、終楽章に再び冒頭の主題が登場する部分にも魅了されます。これは大学院の入試のときにも演奏した思い出深い作品。リズム感、歌心などベートーヴェンの多種多様な要素が含まれ、ベートーヴェンの魂が感じられる。演奏していると大いなる幸せを感じますから、初めてのベートーヴェン・アルバムとして録音できたことに感謝しています。一方、“ハンマークラヴィーア”は全ピアノ曲の頂点に位置するといっても過言ではない偉大な作品ですよね。ベートーヴェンの勇気と決意がみなぎり、作曲家本人が“あと50年もすれば弾けるようになるだろう”ということばを残したといわれるほど高度な演奏技術と表現力を要求されますが、このソナタを弾けることにも大きな喜びを感じます」

 今後ベートーヴェンのソナタに関しては、全ソナタを演奏するのではなく、自分の好きな作品を選んで弾いていきたいと語る。さらに昨秋には非常に貴重な録音も登場した。45回転アナログ・シングル盤のベートーヴェンの“エリーゼのために”である。

 「いまの時代、こういうアルバムもかえって新鮮だと思いました。レコード針から紡ぎ出される音に耳を澄ましたくなるのではないでしょうか」

 ベートーヴェン生誕250年のメモリアル・イヤーに登場したアルバムは、コンサートが行われず外出自粛の閉塞感が募るなかで、芳醇、高貴、豊かな歌心を発揮し、ベートーヴェンの偉大さを改めて知らしめてくれる。小山実稚恵の作曲家への熱き思いを受け取りたい。

 


LIVE INFORMATION

「ベートーヴェン、そして…」第3回<知情意の奇跡>※延期分
○2020年9月12日(土)15:00開演 名古屋 ・しらかわホール
○2020年10月2日(金)15:00開演 東京・Bunkamuraオーチャードホール
○2020年10月3日(土)15:00開演 東京・Bunkamuraオーチャードホール

「都響スペシャル2020」
共演:東京都交響楽団 大野和士(指揮) 矢部達哉(vn)   宮田大(vc)
○2020年9月16日(水)19:00開演 東京 ・サントリーホール

「プラチナ・シリーズ第1回 小山実稚恵 ~名手が奏でる円熟のピアニズム~ 」
○2020年9月20日(日)16:00開演 東京・東京文化会館小ホール

「ベートーヴェン、そして…」第4回<本能と熟成>
○2020年11月3日(火・祝)15:00開演 東京・Bunkamuraオーチャードホール

https://www.amati-tokyo.com/artist/piano/post_30.php

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS