インタビュー

BREAKERZ『BARABARA / LOVE STAGE』ダークでスリリングなハード・ナンバーと、キャッチーに突き抜けたナンバーという対極の2曲

BREAKERZ『BARABARA / LOVE STAGE』ダークでスリリングなハード・ナンバーと、キャッチーに突き抜けたナンバーという対極の2曲

BREAKERZが9月9日に両A面シングル『BARABARA/LOVE STAGE』をリリース。ダークかつスリリングなハード・ナンバーと、キャッチーに突き抜けたアップテンポなナンバーという対極とも言えるサウンドが収められた今作は、BREAKERZが持つ魅力を存分に堪能できる作品となっている。サウンド面のみならず、対照的なコンセプトを持つ今回の作品について、BREAKERZの3人に話を聞いた。

BREAKERZ 『BARABARA / LOVE STAGE』 ZAIN RECORDS(2020)

――“BARABARA”はおどろおどろしく緊張感あるナンバーですが、どのようなイメージで作られたのでしょうか。

AKIHIDE「映画『妖怪人間ベラ』の主題歌で、エンドロールで流れるというのを聞いていたので、そこにハマるように作っていきました。本作の世界観と、僕が子供の頃にアニメを観て感じた〈不気味さ〉や〈怖さ〉を表現したくて。ロックサウンドをベースにピアノやバイオリンの音を加えたことで、よりおどろおどろしさを感じるアレンジになったかなと思います」

――主人公の悲痛な思いや葛藤などが伝わってくるストレートな歌詞が胸に刺さります。いちばん最初に生まれたフレーズを教えてください。

DAIGO「〈バラバラになれ〉ですね。これはAKIHIDEさんのデモ音源の仮歌に〈バラバラ〉という言葉が使われていたんです。いいなと思って。そこから妖怪人間である彼女たちの気持ちに寄り添って、悲しみや怒りや憎しみといった狂気の感情をテーマに書いていきました」

――間奏部分は後半に向けて一気にたたみかけていきますね。

AKIHIDE「そうですね。歌詞の世界と原作アニメの印象的なメロディをモチーフにして作っていったので、そことリンクするように狂気と切なさを表現しました」

――“LOVE STAGE”は映画「LOVE STAGE!!」制作サイドから曲や歌詞へのリクエストはありましたか?

DAIGO「細かいリクエストはなかったです。原作にBREAKERZをもじったCRUSHERZというバンドが登場しているんですけど、作者である姉(影木栄貴)から、〈作品のことをよく知ってくれているし、CRUSHERZをイメージした曲があると面白いから書いてほしい〉と」

――キャッチー全開なロックナンバーに仕上がっていますがこだわりを教えてください。

SHINPEI「冒頭のイントロ部分です。デモの時点では、冒頭のイントロ部分もギターアレンジで作っていましたが、音色をシンセサイザーに変えたことで、作品のキャッチーな世界観とCRUSHERZの持つロックな世界というものをうまく融合することができたと思います」

――〈愛のカタチはひとつじゃないから〉という歌詞がすごく印象的です。

DAIGO「この曲で一番伝えたいところです。泉水と龍馬の恋愛模様がベースにありつつ、今の時代、いろんな愛のかたちというものが広がってきていますよね。だから、〈愛する気持ちを大切にしてほしい〉というメッセージを込めました」

――間奏部分のコールがとてもユニークで聴いていて楽しいです。

DAIGO「コールを作ったことがなかったので、悩みましたね。色々と研究しながら、最終的には響きが良くて語尾が〈ダ〉で終わる言葉を考えてあてはめていきました。レコーディングは3人の声だけではなく、男性スタッフにも協力してもらったので、かなり熱量のある感じに仕上がっています(笑)」

――では最後に“BARABARA”と“LOVE STAGE”、ご自身のパートの〈ここを聴いてほしい!〉という聴きどころを教えてください。

SHINPEI「“BARABARA”は間奏のギターですね。アニメでも使われているメロディラインをもじって弾いているのですが、ペンタトニック・スケールが使われているんです。個人的にロックに置き換えてアレンジすることができるという発見もできましたし、〈現代流ベラ〉のメロディとして聴いてもらいたいです。“LOVE STAGE”はイントロですね。シンセサイザーの音ですが、ギターフレーズを考えていくのと同じようにして作っていったので。楽曲全体のキラキラ感を感じてほしいです」

AKIHIDE「“BARABARA”はイントロです。あの音って結構ギリギリな音色なんです。使い方によってはコミカルな挿入音にも使えたりするので、おどろおどろしさ感を出すために気をつけて作った部分です。“LOVE STAGE”は、コールももちろんですが、その裏でサイレンのような音が入っています。これはギターで弾いているんですが、シンピーがかなりこだわりを持っていて(笑)。二人で話し合いながら作ったので注目して聴いてほしいですね」

DAIGO「“BARABARA”はサビ前の息づかいですね。そこをきっかけに、聴いている人を楽曲の世界に引き込んでいくので。“LOVE STAGE”はコールの部分を聴き込んで、楽しんでほしいなと思います。いつかライブができるようになったらお客さんに全力でコールしてもらおうと思っているので、しっかり練習しておいてほしいですね(笑)」

※“BARABARA”の正式表記は、2文字目の〈A〉が上下反転、5文字目の〈B〉が左右反転。
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop