トピック

高井息吹の新作『kaléidoscope』をKing Gnu新井和輝と君島大空が共同プロデュース、勢喜遊と石若駿も参加

高井息吹の新作『kaléidoscope』をKing Gnu新井和輝と君島大空が共同プロデュース、勢喜遊と石若駿も参加

高井息吹がニューEP『kaléidoscope』を2020年11月4日(水)にリリースする。

高い評価を得たセカンド・アルバム『世界の秘密』(2017年)や、数々のCMソングで知られるシンガー・ソングライターの高井息吹。彼女が新作EP『kaléidoscope』をリリースする。

高井は今年に入ってから、1月にシングル『欠片/瞼』を配信リリース。アニメーション作家のユージンが制作したミュージック・ビデオ“瞼”が大きな反響を呼んだことは、記憶に新しい。

そんな高井の待望の新作『kaléidoscope』では、高井自身が全曲を作詞作曲している。さらに、高井と長らく音楽活動を共にしてきた新井和輝(King Gnu)と、新作『縫層』のリリースを控える君島大空が共同プロデューサーとして名を連ね、編曲や演奏で参加。また、収録曲“ハローグッバイ”“-in a dream-”にはKing Gnuの勢喜遊が、“サリュ・ピエロ”“万華鏡”には〈君島大空合奏形態〉のメンバーでもある石若駿がドラマーとして参加、豪華なプレイヤーたちが高井をバックアップする。

『kaléidoscope』のリード・トラック“幻のように”は、切ないメロディーラインと繊細な歌声が響くクワイエット・ソウル・ナンバー。そのほか、エモーショナルなバンド・サウンドの“ハローグッバイ”、サイケデリックなアレンジが印象的な“サリュ・ピエロ”、幻想的な世界観の“万華鏡”など、ヴァラエティー豊かな楽曲が並ぶ。

存在感あふれる高井息吹の唯一無二の歌声と、力強い演奏が織りなす珠玉の作品集『kaléidoscope』。今季注目の作品だろう。

 


RELEASE INFORMATION

高井息吹 『kaléidoscope』 APOLLO SOUNDS(2017)

リリース日:2020年11月4日(水)
価格:1,818円(税別)
品番:APLS2009

TRACKLIST
1. -daydream-(作詞作曲:高井息吹 編曲:高井息吹)
2. 瞼(作詞作曲:高井息吹 編曲:新井和輝/君島大空/高井息吹)
3. 幻のように(作詞:高井息吹 作曲:高井息吹/新井和輝 編曲:君島大空/高井息吹)
4. サリュ・ピエロ(作詞作曲:高井息吹 編曲:新井和輝/高井息吹)
5. ハローグッバイ(作詞作曲:高井息吹 編曲:新井和輝/君島大空/高井息吹)
6. -in a dream-(作詞作曲:高井息吹 編曲:新井和輝/君島大空/高井息吹)
7.万華鏡(作詞作曲:高井息吹 編曲:高井息吹)

■参加ミュージシャン
高井息吹:ヴォーカル/ピアノ/エレクトリック・ピアノ
君島大空:ギター/コーラス
新井和輝:ベース
勢喜遊:ドラムス(track 5, 6)
石若駿:ドラムス(track 4, 7)

 


PROFILE: 高井息吹(たかいいぶき)
5歳からピアノを弾き始め、19歳のときから本格的に作詞作曲、ライブ活動を始める。
下地となるクラシックの素養に、ジャズ、ロック、オルタナティヴ、アンビエント、インプロヴィゼーションなど、多様な音楽性が溶け合い、オリジナリティー溢れるポップ・ミュージックに昇華。
その天性の歌声に溢れる〈衝動〉が共鳴する、唯一無二の存在感は必見。

タグ
TOWER DOORS