原田知世『恋愛小説3~You & Me』細野晴臣や小山田圭吾とのデュエットを聴かせる秋にピッタリのラヴソング集

2020.10.14

『ルール・ブルー』(2018年)以来2年ぶりのアルバムは、好評を博してきたラヴソング・カヴァー集の第3弾だ。プロデュース/編曲は今回も伊藤ゴローが担当し、バックを固めたのも近年レコーディングやツアーを共にする顔ぶれ。主人公の名演ぶりはもちろん、今回は大貫妙子、小山田圭吾、細野晴臣、土岐麻子がデュエットで助演。“A面で恋をして”から金延幸子“あなたから遠くへ”まで選曲の佇まいと調和した上品なアレンジが光る。

 


透明感溢れる雰囲気が魅力の女優として躍進を続ける原田知世。2019年は異色のサスペンス・ドラマ『あなたの番です』に主演、そして2020年10月公開予定の映画「星の子」では主演の芦田愛菜の母親役を演じる等話題は続く。本作はシンガー原田知世の2年ぶりの新作であり、4年ぶりとなったラヴソング・カヴァー・アルバム『恋愛小説』第3弾。プロデュース&楽曲アレンジはお馴染みの伊藤ゴロー、楽曲は大瀧詠一、大貫妙子、松田聖子、シーナ&ロケッツらの80s人気曲等、またゲストに大貫他、細野晴臣、小山田圭吾、土岐麻子らが参加しデュエットを聴かせる。ゆっくり過ごす秋の日にピッタリ。

 

TOWER DOORS