トピック

Ms.Machineが待望のファースト・アルバムをリリース、石原海監督のMV“Girls don’t cry,too”を公開

Ms.Machineが待望のファースト・アルバムをリリース、石原海監督のMV“Girls don’t cry,too”を公開

Ms.Machineがファースト・アルバム『Ms.Machine』を2021年1月31日(日)にリリースする。

東京を拠点に活動するMs.Machine。11月3日に新曲“Höst”をリリース、また12月10日にバンドのヴォーカリスト/リリシストであるSAIのソロEP『SWEDEN SPRING ICE(瑞典春氷)』が東京・小岩BUSHBASHのレーベルによってCD化されるなど、話題に事欠かない3人組だ。

そんなMs.Machineが、初のアルバム『Ms.Machine』をリリースする。本作は、冷たくミニマルなサウンドから強く叙情的な楽曲まで、いまのMs.Machineを網羅的に表現した内容になっているという。

アートワークは、セカンドEP『S.L.D.R』(2018年)に引き続き尾角典子が制作。尾角は英ロンドンを拠点に活動するアーティストで、Bo NingenのYuki TsujiiとMonchan Monnaが参加する〈Xaviers〉のVJや、オーディオ・ヴィジュアル・ユニット〈OvO〉でも活動している。

また『Ms.Machine』のリリースに向けて、収録曲“Girls don’t cry,too”のミュージック・ビデオが本日12月31日に公開された。監督は、映像作家のUMMMI.こと石原海だ。

愛、ジェンダー、個人史と社会を主なテーマに、フィクションとノンフィクションを織り交ぜて作品を制作する石原は、Ms.Machineのコンセプトと共鳴しあう作家。初の長編映画「ガーデンアパート」(2019年)と東京藝術大学の卒業制作である短編映画「忘却の先駆者」(2018年)がロッテルダム国際映画祭に出品されるなど、多方面で活躍している。

そして、『Ms.Machine』のリリース・パーティーが1月31日に東京EBISU BATICAで開催される。NEHANNやIida Reoら、注目のライブ・アクトとDJが出演し、観客は60名限定の特別なパーティーだ。こちらも観逃さないでほしい。

この2020年に結成5周年を迎えたMs.Machine。この混沌とした世界でついにファースト・アルバムを発表する2021年の彼女たちがどこへ向かうのか、目が離せない。

 


INFORMATION

Ms.Machine『Ms.Machine』

リリース日:2021年1月31日(日)
価格:2,500円(税抜)
全8曲入り
300枚限定

 

1st Album『Ms.Machine』release party

2021年1月31日(日)東京 EBISU BATICA
出演:Iida Reo/Golpe Mortal/NEHANN/Ms.Machine
DJ:suimin/ykah/lIlI/MIRU SHINODA
フライヤー:SOILEDDOVE
開場/開演:17:00/17:30
料金:2,000(ドリンク代別)
※限定60人

関連アーティスト
TOWER DOORS