TOWER DOORSブログ

TOWER DOORSが選ぶ2021年2月のベスト・ニュー・アーティスト

TOWER DOORSが選ぶ2021年2月のベスト・ニュー・アーティスト

こんにちは。TOWER DOORSスタッフです。

2021年1月からスタートさせた新企画〈TOWER DOORSが選ぶベスト・ニュー・アーティスト〉。毎月、月初に前月のベスト・アーティストを紹介していきますので、お見逃しなく。

TOWER DOORSは毎月25~30曲をYouTubeチャンネルで紹介していますが、ここではなかでもおすすめのアーティスト、これからの活躍が期待されるニューカマーをピックアップ。スタッフが厳選したアーティストを、注目ポイントやコメントとともに読者のみなさんにお届けします。

YouTubeチャンネルのほうでは同内容をポッドキャストで発信、このブログと連動させています。ポッドキャストはTOWER DOORSの総合チャンネルで公開しているので、併せてお楽しみください。

それでは、TOWER DOORSが選ぶ2021年2月のベスト・ニュー・アーティストを8組ご紹介しましょう。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

 

CaTEye(猫眼以太)

中国で生まれ、現在は東京を拠点に活動するCaTEye(猫眼以太)。2020年にはミックステープ『Trendsetter -弄潮兒-』をリリースしています。

彼女は英語、日本語、中国語を流暢に話すトリリンガルで、3か国語を使い分けたリリックが見事です。さらに、囁くような歌からアグレッシヴなラップまで、幅広いフロウで聴き手を圧倒して魅了するヴォーカリストとしての魅力も持ち合わせています。

ヴォーカリストとしてのみならず、プロデューサーとしてのスキルも高いのが彼女のすごいところ。ハードなトラップやメロディアスなエモ・ラップ、ウェスト・コースト調など、CaTEye(猫眼以太)のビートはラップ・ミュージックへの愛に満ちています。ヒップホップ・シーンの新鋭であり、かつ主流とは異なるオルタナティヴな音楽性が魅力のTierra WhackやDeb Never、Rico Nastyなどとは、幅広い音楽性で多くのリスナーを魅了している点でCaTEye(猫眼以太)と共振していると感じています。

そんな多面的な魅力と世界の潮流との同時代性を鑑みて、2月のベスト・ニュー・アーティストに選びました。

 

水いらず

2016年に都内で結成された3人組、水いらず。彼らは結成して1年足らずの2017年、折坂悠太(合奏)やカネコアヤノが出演した早稲田大学の音楽レーベル/サークル〈Waseda Music Records(ワセレコ)〉のイベント〈WMS.3〉に出演しました。

水いらずは、浮遊感のあるインディー・ロックをベースに、ソウルやジャズ、エレクトロニック・ミュージックなどの要素を組み合わせた音楽性を特徴としています。バンド・サウンドから逸脱した実験的なアプローチを潜ませた彼らの音楽は、アヴァン・ポップ的とも言えるでしょう。そのポップネスと実験的なアプローチは、フィッシュマンズやキセルといった、日本のポップ・ミュージックの新たな方向性を提示したバンドを想起させるほど。新鋭にしてこの堂々たる存在感は、TOWER DOORS的ベスト・ニュー・アーティストにふわさわしいと思います。

そんな水いらずが2年以上の年月をかけて完成させ、2020年12月にリリースしたアルバム『ほとんど、空』は、じわじわと後世に語り継がれ、のちのち重要になるようなアルバムではないかと思っています。未聴の方は、ぜひ聴いてみてください。

TOWER DOORS