(左から)Yohey、Rei、Steven

3人組ロック・バンド、Newspeakのセカンド・アルバム『Turn』がリリースされる。

〈ターニング・ポイント〉を意味するタイトルが冠せられた、前作『No Man’s Empire』(2019年)からおよそ2年ぶりとなる本作は、4ヶ月連続配信シングルなどを含む全13曲入り。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、揺れ動く喜怒哀楽の感情をそのまま投影したような楽曲がずらりと並んでいる。例えば“Weightless”の歌詞には、未曾有の事態を前に対立と分断が進むSNSに対して警鐘を鳴らすメッセージが込められており、重厚なシンセ・サウンドとホーン・セクションが入り乱れるユーフォリックなアレンジとのコントラストが印象的だ。

前に進んでいこうとする3人の強い意志と覚悟。それは、混沌とした世界の中でも〈希望〉を見出そうと歌う、彼らの最高傑作の一つとなった楽曲“Great Pretenders”の歌詞にも表れている。さらに、トニー・ホッファー(ベック、ベル&セバスチャン)やダニエル・J・シュレット(ニック・ハキム、ウォー・オン・ドラッグス)といった気鋭のエンジニアをミックス・ダウンに起用し、奥行きと広がりが増したサウンドスケープも圧巻だ。

未だ予断の許さぬ状態が続くなか、3人は何を思うのか。アルバムの制作エピソードや、そこに込められた思いを紐解きながら、バンドの〈今〉に迫った。

 

コロナ禍でも止まらずにやっていこう

――昨年(2020年)、コロナ禍でのシングル4ヶ月連続配信があって、そのうちの3曲が収録された今作『Turn』は、まさに〈コロナ禍の1年を経て完成したアルバム〉と言えるのではないかと。

Rei(ヴォーカル/キーボード/ギター)「そうですね。ただ、アルバムの制作自体はコロナになる前から始まっていたんですよ。前作『No Man’s Empire』のリリース・ツアーの後にはもう〈次どうしよう?〉という話はしていたんですけど、ちょうどツアー中に〈中国で新たなウイルスが〉みたいなニュースが入ってきていたのかな。それで〈大丈夫かな〉と思いつつ、アルバムのための合宿を昨年2月ごろに行っていて。それが終わって東京に帰ってくるか来ないかくらいの時にダイヤモンド・プリンセス号の報道があった記憶があります。だから、合宿はギリ行けたんだけど、そこから先の制作を進めようという段階で、いよいよ本格的にやばい状況になってきた」

――そうだったんですね。

Rei「緊急事態宣言があってレコーディングがストップして、宣言が開けてまた再開して……みたいな感じだったんですけど、メンバーとは定期的に会っていたので、制作そのものが滞っていた感じはなかったと思います。まあ、ライブは出来なくなってしまったし、制作以外は何も出来ない状況にはなってしまいましたけどね。

それでも〈止まらずにやっていこう〉という気持ちがあったから、ステイ・ホーム期間中もカヴァー動画などを配信したりしました」

坂本龍一“Merry Christmas, Mr. Lawrence”、松任谷由実“真夏の夜の夢”のカヴァー動画。それぞれ2020年5月と7月に発表された

――ということは、コロナ禍になる前からアルバム用の楽曲は大体揃っていたと。

Rei「デモ自体はツアーが終わってすぐ作り始めたので、コロナの前からアルバムの半分くらいは出来ていました。ただ、それをアレンジしたりレコーディングしたりという作業をみんなでやりだしたのは、コロナになってからですね。そういう意味ではコロナの前に思っていたことを歌っている曲もあるし、コロナになってから考えていたことが反映されている曲もあります」

結論としての“Great Pretenders”にたどり着くために

――コロナ禍が広がっていく中で、アルバムで表現したいことも変わっていきましたか?

Rei「そうですね。ツアー中も〈こういうアルバムにしたいよね〉みたいな話は前もってしていたんですけど、コロナになってからは〈その時の感情〉がより大事になってきたというか。テーマを決めて、そこに向かって進んでいくというよりももっと自然な流れに任せていた感じです。歌詞にはコロナ禍での鬱屈した気持ちが反映されている曲ももちろんあるし、本当にこの1年の気持ちがシンプルに入ったアルバムになっています。サウンドメイキングも、コロナになっていなかったらまた全然違ったものになっていたでしょうね」

――〈鬱屈した気持ち〉というのは具体的には?

Yohey(ベース)「アルバム制作が進んでいくのと並行してコロナの感染も広がっていったから、その時々の気持ちが段階的に反映されていると思うし、それは僕らだけでなく世界中の人たちが共有していたものだと思うんですよ。〈怖いな〉から始まって〈どうすんねん、これ〉〈ああ、マジでやばい〉〈もうそろそろ収まるかな……?〉みたいな。そういう気持ちの移り変わりは、昨年の4ヶ月連続リリースにもそのまま反映されていたし」

『Turn』収録曲“Pyramid Shakes”。2020年6月にシングルとしてリリースされた。Newspeakは同年7月に“Another Clone”、8月に“Parachute Flare”、9月に“Blinding Lights”を4ヶ月連続でリリースした

Rei「そう考えると今まで経験したことのない不思議な現象だよね。みんなが同じ時に、同じシチュエーションになって、同じような気持ちでいることなんてまずないじゃないですか。それをそのまま歌詞に反映させているから、アルバムの歌詞を読んでもらえば僕らが去年何を考えていたのかが全て分かるという」

――ある意味では、ドキュメンタリー的な作品とも言えますよね。

Rei「かも知れないです。ただ、最終的にはこの混迷した状況を乗り越えよう、きっと乗り越えられるという〈いい未来〉につながるようなアルバムにしたいという気持ちはありました。

なので、結論として“Great Pretenders”という曲が作れたのは良かったなと思っていますね。あの曲にたどり着くために“Pyramid Shakes”や“Parachute Flare”みたいな結論までの過程になる曲があるという」

Steven(ドラムス)「確かにそうだね」

『Turn』収録曲“Parachute Flare”

 

Turnをして〈いい未来〉へ

――アルバム・タイトルはどのようにして思いついたのでしょうか。

Rei「去年の6月くらいに“Great Pretenders”の歌詞ができて、そこでもう〈タイトルは『Turn』でいきたい〉という話になっていたと思う。“Great Pretenders”の歌詞にも〈Turnをして前を向こう、乗り越えてゆこう〉と歌っているところがあるのですが、アルバム制作も紆余曲折があっていろんな感情が生まれたけど、いま話したように最終的には〈いい未来〉へ行きたい、そのターニング・ポイントが〈今〉だという気持ちです」

――アートワークも今回、インパクト大ですよね。これまでの抽象的な作風とはかなり違うし。

Rei「アートワークはこれまでと同じく、デザイナーの河島遼太郎さんに全てお任せしています。タイトルは割と早い段階で決まっていたので、それをお伝えして曲も聴いてもらった上でこうなりました。もう、イメージ通りでしたね。ちなみにこの巨大なコーン、合成じゃなくて本物なんですよ」

『Turn』アートワーク

――え、そうなんですか?

Yohey「豊洲のホームセンターに10年売れ残ってたらしいです(笑)。これ1個持ち運ぶために専用のハイエースがいるっていう(笑)」

Rei「ツアーとかでも使いたいんだけど、さすがに持ち歩けない(笑)」

変えられるふりをしよう、乗り越えられるふりをしよう

――(笑)。“Great Pretenders”の話に戻りますが、この曲がとにかく素晴らしくて。Newspeakの最高傑作の一つだと個人的に思っているのですが、どうやって作ったのですか?

Rei「実はこの曲、3年くらい前から温めていたんですよ。サビだけ出来ていたんだけど、なかなか使いどころがなくて(笑)」

『Turn』収録曲“Great Pretenders”

Yohey「レコーディングが始まるたびに候補に上がっていたんだけどね」

Rei「今作でようやく日の目を見た(笑)。Aメロに関しては全とっかえしましたね。途中まで制作も進んでいたんだけどイヤになってしまって〈全部変えていい?〉と頼んで。サビもコーラスの構成とかかなり練り回しているし、歌詞も今までで一番時間がかかったかも知れない」

Yohey「これまでのReiの歌詞って抽象的な言葉が並んでいることが多くて、それはそれで良かったんだけど、今回はかなり具象的だし、Reiの主観的かつストレートな言葉がそのまま乗っかっている感じがする。これもきっと、4ヶ月連続リリースを経て最終的にたどり着いた気持ちなのだろうなと。歌詞を読むといつも〈ああ、こういうことをReiは考えてたんだ〉というのが分かるんだけど、今回が一番〈そうやなあ〉って共感したかも知れない」

Steven「いわゆる〈応援歌〉というか、〈頑張りましょう!〉みたいなメッセージが乗っている曲が僕は苦手なタイプなんですけど(笑)、“Great Pretenders”の歌詞はハッピー過ぎないのがいいなと。〈現実はまだ暗いかもしれないけど、とにかく前に進もう〉というニュアンスなのがリアルだし、ちゃんと伝わってくる」

Yohey「〈Let’s pretend〉というのがね、結構キラー・ワードだと思う」

――確かに〈全てが上手く行くふりをしよう〉というフレーズは〈全てが上手くいくよ〉と言われるよりもリアルですよね。

Rei「これまでは、何か困難や試練があっても〈どうにかして変えられるんじゃないか?〉〈どうにかしたら乗り越えられるだろう〉と思えたんだけど、ことコロナに関してはもう〈どうしたって変えることはできない〉〈乗り越えられない〉という現実を突きつけられたわけじゃないですか。それでも前に進まなければならない時に、〈変えられるよ〉〈乗り越えられるよ〉と言うのではなくて〈変えられるふりをしよう〉〈乗り越えられるふりをしよう〉、それで進んでいくしかないよね?と言うことの方がしっくりきたんですよね」

――なるほど。

Rei「しかも、それで多くの人を励まそうと思ったわけではなくて、自分のごく身近にいる人に向けてのメッセージというか、すごくパーソナルで主観的な思いを綴ったつもりだったんだけど、さっき話したように今はコロナで世界中の人たちが同じシチュエーションにいるわけで、思った以上に多くの人たちに響く歌詞になったのがすごく不思議でもあるし、嬉しいことでもありますね」

――パーソナルな思いこそ普遍的なメッセージになり得る。サビのゴスペル・コーラスも印象的で、ライブでシンガロングしたくなりますよね。

Rei「そんな日が来るといいなという気持ちで入れました。〈You know you got the power〉という、力強く前向きなメッセージをここで歌っているだけに、本編の歌詞にはリアルさを残したかったというのもありますね」

 

情報と憎悪にあふれたSNSへの違和感

――この曲もそうですし、今作では管楽器がフィーチャーされているのも印象的でした。聴き手の高揚感を煽るアレンジに仕上がっています。

Yohey「よりパーティー感が出ますよね(笑)」

Steven「“Weightless”も、ホーンが入っていなかったら普通のロックに聴こえたかも知れないけど、生のホーン・セクションが入ったことでスペシャル感が出てる」

――その“Weightless”はSNSのことを歌っていますよね。

Rei「ちょうどこの歌詞を書いていた頃、SNSを含めてネット上の膨大すぎる情報を目にする毎日で、それって多くの人が既に語ってるように、人の頭をパンクさせると思うんですよ。中には誰かを攻撃する人もたくさんいるし。

実生活でもそうだけど、誰かを貶めることでストレスを解消する行為への違和感を歌っています。偉そうに言ってますけど、自分も絶対にそうはありたくないという思いもあります(笑)。

でも、Stevenはこれをアメリカの大統領選挙や、BLM運動についての歌詞だと思ったんだよね」

Steven「そう(笑)。聴く人によってはそんなにポリティカルな歌詞とは思わないのかも知れないけど、僕の思ってた気持ち、伝えたい思いを代弁してくれているみたいで〈うまいなあ〉と思った」

Rei「聴いた人が、それぞれ自分の気持ちを投影させやすいよう意図的に抽象的な歌詞にして〈余白〉を残していて。それで、Stevenみたいな解釈をする人もいたりするのが歌詞を書いていて楽しいことの一つですね。逆に“Great Pretenders”みたいな、その時に思っていたことをそのまま伝えたいときもあって。どちらもそれぞれの良さがあると思っています」

Yohey「この曲は『No Man’s Empire』のツアーの時にメインのフレーズができたんだよね」

Rei「そう福岡でサウンド・チェックをやっている時に、Stevenが8ビートを叩いていて、そこにYoheyのムーグを触りながらピアノで作っていたフレーズを演奏してみたら〈めっちゃええやん!〉ってなって(笑)。その場でパソコンにビートを打ち込んで、ホーンのフレーズとか思いつくまま入れていったらベーシックのアレンジが完成したんです」

――サウンド・チェック中に出来上がった曲だったんですね(笑)。

Rei「そうなんです。そういう、予期せぬミラクルで曲が生まれるときが本当に楽しい」

Yohey「ブチ上がるよね(笑)」

Rei「そのぶん、今話したように歌詞はものすごくシリアスな内容になっちゃったけど(笑)」

心は売らない――アートとビジネスのバランス

――“Hear It Out”は〈アートとビジネス〉がテーマの曲ですが、これはどこから思いついたのですか?

Rei「このバンドを組むよりずっと前に、〈一緒にやろう〉と言っていたレーベル兼事務所みたいなところがあって。そこで感じていたモヤモヤがモチーフになっています。アーティストが軽んじられているというか、とにかく売れるものを作れみたいな扱いをされて、結構アタマにきていたんですよね(笑)。

音楽をやっていく中で〈ビジネスに心を売る〉ことはしたくない、そっち側には絶対に行きたくないなという思いを込めました」

『Turn』収録曲“Hear It Out”

――アーティストとして作りたい作品を作ることと、続けるためにビジネスとして必要なこと、そのバランスについてはどんなふうに考えています?

Rei「それってもう何十年と続く普遍的なテーマですよね。きっとこれからも、そういう局面にさらされることは何度もあるだろうし、それでも初心は忘れちゃいけないなと。あの時に感じていた〈絶対に心は売らないぞ〉という気持ちにいつでも戻れるようにしたかったのもあってこの曲を書いたところはあります。ただ、バランスで言ったらもうちょっとビジネスを……」

Yohey「頑張らないとね(笑)」

Rei「本当に今は、好きなことを好きなようにやらせてもらっているので。この先もっとバンドを進めていくためには〈売れる/売れない〉もそうですが、もっと多くの人の耳に残るような楽曲を作っていかなければ、とは思っています。

おそらく100パーセント自分の思うとおりに生活できている人なんてマジでいなくて、やりたいことと、やらなきゃいけないこととのバランスを取りながらみんな生きているんだろうなって。だから〈アートとビジネス〉というパーソナルなテーマではあるけど、多くの人の心に響く普遍的な曲になっていたらいいなと思います」

 

次はロンドンでレコーディングだね

――今回、トニー・ホッファーとダニエル・J・シュレットがエンジニアとして参加しています。

Yohey「レコーディングの段階では自分たちでエンジニアリングをやっていて、最終的なミックスを彼らにお願いしました、それでもやっぱり自分たちだけでやるのとは全く違う仕上がりになるし、今後Newspeakがさらに次の段階へ進むためには、やっぱりいろんな人たちと一緒にやることが大事なんだなと改めて思いました」

Steven「次はロンドンでレコーディングだね(笑)」

Rei「そのためにはもっと〈ビジネス〉的に成功しないと!」

一同「(笑)」

 


INFORMATION
〈未来ノ和モノ〉キャンペーン第22弾 Newspeak

①〈未来ノ和モノ〉コラボ・ポスター掲出
掲出店舗:タワーレコード/TOWERmini全店(全国75店舗)
※TOWERminiもりのみやキューズモール店を除く
掲出期間:2021年7月27日~2021年8月9日(月)

②〈未来ノ和モノ〉フリーペーパー Newspeak特集の配布
配布店舗:タワーレコード/TOWERmini全店(全国75店舗)
※TOWERminiもりのみやキューズモール店を除く
配布開始日:2021年7月27日
※先着でお渡しし、なくなり次第終了
※誌面では〈未来ノ和モノ〉をテーマにしたショート・インタビューやディスクガイドも掲載

③〈Mikiki〉ロング・インタビューの掲載
本記事

④抽選でメンバー直筆サイン入り〈未来ノ和モノ〉コラボ・ポスターをプレゼント
Newspeak『Turn』をタワーレコードおよびTOWERmini全店、タワーレコード オンラインにてご購入いただいた方にNewspeakメンバー直筆サイン入り〈未来ノ和モノ〉コラボ・ポスターが抽選で当たる応募抽選付ポストカードを先着で差し上げます。
応募〆切:2021年8月31日(火)
※PC/スマートフォンからのご応募が必須です
※ご応募にはタワーレコードメンバーズへの登録およびレシート番号の入力が必要です

 

RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年7月28日(水)
品番 :ZTTH039
価格:2,500円(税込)
配信リンク:https://orcd.co/turn_newspeak

TRACKLIST
1. Blinding Lights
2. Generation of Superstitions
3. Hear It Out
4. Pyramid Shakes
5. Morning Haze
6. Great Pretenders
7. Weightless
8. Jerusalem
9. Animals
10. Summer Wasted
11. Vinyl Wings of Wanderers
12. Silver Lines
13. Parachute Flare

 

LIVE INFORMATION

Newspeak × w.o.d. スプリットツアー「SUMMER WARS」

2021年8月24日(火)京都 KYOTO MUSE
2021年8月26日(木)愛知・豊橋 club KNOT
2021年8月27日(金)静岡 Sunash
2021年9月4日(土)神奈川・横浜 F.A.D YOKOHAMA

■オフィシャルサイト二次先行(抽選)
受付期間:2021年7月8日12:00~2021年7月11日23:59
受付URL:https://eplus.jp/newspeak-wod-hp/

 

Newspeak『Turn Tour』

2021年9月11日(土)宮城・仙台 MACANA
2021年9月18日(土)大阪・梅田 Shangri-La
2021年9月19 日(日)愛知・名古屋 SPADE BOX
2021年9月20日(月・祝)石川・金沢 vanvan V4
2021年9月22日(水)香川・高松 DIME
2021年9月24日(金)福岡 Queblick
2021年9月25日(土)広島 SECOND CRUTCH
2021年10月9日(土)東京・恵比寿 LIQUIDROOM

■チケット一般発売
受付期間:2021年7月28日(水)10:00
受付URL:https://eplus.jp/newspeak2021/
料金:3,800円(税込/ドリンク代別/立見指定)

 


PROFILE: Newspeak
東京発のロック・バンド。2016年にRei(ヴォーカル)が英リヴァプールより帰国後、翌2017年に結成。同年に〈SUMMER SONIC〉や〈マグロック〉といった大型フェスティヴァルに出演して耳目を集める。以来、フラテリスなど海外アーティストのサポート・アクトを務めているほか、多くのフェスやサーキット・イベントなどで存在感を発揮。2018年10月に初のミニ・アルバム『Out Of The Shrinking Habitat』を発表。2019年11月にファースト・フル・アルバム『No Man’s Empire』をリリース。